体のこと、あれこれ

新着記事一覧

  • 2018年11月9日

    「酒さ」という疾患は、簡単に言うと中年以降に主に顔面に生じる原因不明の慢性炎症性疾患である。
    この疾患名は、顔面が火照り、赤くなることから酒を飲んだように紅潮するという容貌から付けられたネーミングだと思われる。
    ちなみに、漢方だと「酒さ」の「さ」は左側に検査の査、右側に皮膚の皮、「査皮」という日本では使われていない字か、あるいは「酢」の漢字が当てられている。
    症状は、鼻、眉間、頬、あごなどの顔面を中心にほてり感を伴う潮紅、毛細血管の拡張が見られる段階は第Ⅰ度で、紅斑性酒さと呼ばれる。
    化粧品や石鹸などの軽い刺激でもヒリヒリしたり、灼熱感が生じ、いわゆる敏感肌となる。
    第Ⅱ度になると、赤い丘疹(ボコボコした腫れ)や膿疱(うみ)が多発し、酒さ性ざ瘡と呼ばれる。
    第Ⅲ度では鼻や頬を中心に結合組織の増殖を伴って隆起して腫瘤状を示し、鼻瘤と呼ばれる。
    漢方では「酒さ鼻(しゅさび)」とも呼ばれ、顔面全体の赤みよりも鼻の症状により注目されている。
    鼻の頭が赤くなり、それが徐々に紫黒色を帯びてくるようになると言われている。
    ひどくなると変色が尾翼にまで広がり、皮膚が厚くなり、イボ状の隆起が見られるようになるという。
    そしてさらに重症化してくると鼻がキビのようになり、赤く腫れて痛み、破れて白色の汁を出すのだそうだ。
    古い時代の設定の漫画には、時々鼻が大きく腫れてイボができている悪役などが登場するが、それなのかもしれない。
    現代医学では原因はわからないとされている。
    人によってはもともと何らかの疾患を患っていて、それの治療で副腎皮質ステロイド薬を長期間にわたり使い続けてきた為に副作用で生じた皮膚病と見ている人もいる。
    悪化させる要因としては精神的緊張、紫外線、温熱、寒気、飲酒、香辛料が挙げられている。
    つまり顔を紅潮させるようなあらゆる刺激ということのようだ。
    女性では閉経前後に悪化しやすいとされ、偏頭痛の合併症も多いことから、血管を拡張させたり、収縮させたりする血管運動神経の異常が考えられている。
    治療としては、一応内服薬はあるようだが、完治しにくく経過が長いとされる。
    ステロイドも一時的には効くが、病態を悪化させてしまうので使われないとのこと。
    これは全く個人的な見解だが、「酒さ」という疾患名がそもそも東洋医学で使われているものである以上、東洋医学的病態の捉え方、治療法の方が対処法としては正しいというか、より早期に改善するものと思われる。
    まず漢方では清熱・涼血・散結の方法を用いるとされている。
    清熱とは寒涼の薬物を用いて熱病の治療をする方法のようである。
    涼血も清熱法の一つ。
    散結とは出来物などを散じさせる方法とのこと。
    それぞれ適応する漢方薬を使用する。
    鍼灸的には、これは一も二もなく熱処理に尽きるだろう。
    以前、「酒さ」だったのかどうかは不明であるが、顔の紅潮で悩んでいた女性の治療をしたことがある。
    毎年、夏になると特に症状がひどく、外出し、日に当たると更にひどくなると訴えておられた。
    これはもう単純に熱邪に犯されたものと見て、徹底した熱処理を行った。
    すると確か2回ほどの治療だったと記憶しているが、数年続いていた症状がすっかり良くなったという事例を経験した。
    数年続く症状ではあったが、第Ⅰ度のレベルでとどまっていたために、急激な改善につながったのだと思う。
    ちなみに、「酒さ」にはいくつかの別名があるが、その中に「肺風」とか「肺風粉刺」という呼び名もある。
    さらに「素問」という古書の「熱論」の章では「脾熱病の者は、鼻先ず赤し」との記述もある。
    診療の際には肺経や脾経のチェックなどもしておくと見逃しがないかもしれない。
    結局、「顔の皮膚の炎症」とだけ見ると皮膚上から薬を塗るとか、悪化させないために刺激を避けるといった治療にとどまってしまうが、
    「体の中で熱の処理がうまくいっていない状態」という視点に立ち、東洋医学的観点からの治療を行うと、こちらの方が著効を示すこともあるということ。
    もちろん、現代医学も素晴らしい実績を重ねているし、特に外科の分野などは比べるべくもないほど発展している。
    しかし、鍼灸の臨床経験を積めば積むほどに、人の体の成り立ちは経絡によって支配されているのだということを自分はしみじみと感じる。
    これまでも何度も書いているが、現代医学における内科的治療では、時に漢方薬などの東洋医学が応用されることがある。
    しかし、漢方だけでなく鍼灸治療も加われば、どれだけ治療成績を上げることができることかと思う。
    Drの中には個人的に鍼灸を認める方もおられるかもしれない。
    だが、今のままでは国の医療制度として、今以上に鍼灸が認めることはなかなか難しいだろう。
    日本全国津々浦々で「現代医学でも治らなかった状態が鍼灸で治る」ことが当たり前のように起きてこそ医療関係者の中で認められ、ひいては保険診療も充実し、医療の一翼を堂々と担うことができるようになることだろう。
    そんなことを考えさせられた「酒さ」だった。
  • 2018年10月26日

    人の身体にはある刺激に対して反応し、防御しようとするシステムがある。
    数ある治療法の中には、この防御反応を逆に利用して治療効果をあげるものがある。
    それがクライオセラピー(寒冷療法)である。
    極低温療法とも呼ばれている。
    読んで字のごとく、極めて低い温度に触れることで引き起こされる生体反応を利用した治療法である。
    もともとリハビリの分野で医学的に開発された技術だが、現在ではスポーツ、美容、育毛などの世界でも応用されており、いつの間にか「クライオセラピー」などとオシャレな呼称となってしまった。
    実はこの技術、日本発症の技術とのこと。
    冷凍療法研究所の山内寿馬(かずま)医師が1979年に開発し、1981年にリウマチ治療で成果を挙げたことで世界的に注目され、ドイツ、ポーランドなどヨーロッパを中心に研究が広がり始めたという。
    その成果はリウマチをはじめとする関節炎、硬直性脊髄炎、アトピー性皮膚炎、さらには鬱や不安症などのメンタルヘルスにも実績を上げているとのこと。
    最近では上述したように、脂質代謝の改善、無酸素運動の向上、スポーツ損傷に対する抗炎症作用、免疫機能増強など美容やスポーツ業界でも活用されている。
    新たなアンチエイジング法としても注目されているとか。
    もともとリハビリの分野では寒冷療法と言って、冷刺激を利用した治療法はあった。
    しかしそれは0℃以上のものであって、効果自体も温熱療法とあまり違いがないため、それほど活用されてこなかった。
    温かい温熱療法の方が気持ち良いし、患者さんが好むので、自然とあまり注目されなかったようである。
    そんな中、さらに低い温度の冷気を短時間当てることでより大きな生体反応を引き出そうとする療法が次第に出てきた。
    この極低温療法はリウマチに効くとされていたが、専門の機器が必要だったこともあり、自分が働いていた病院ではまだ導入されていなかった。
    当時はまだこの療法自体、一般にもあまり知られておらず、あるリウマチ患者さんにこの療法のことを話した時に、
    「リウマチは冷やすのがダメなんだ!」
    とキレられたことがあった(笑)。
    確かにその頃は一般的には「リウマチは冷やしてはいけない」のが常識だったのである。
    この療法は-100℃以下という極低温の冷気に身体をさらし、知覚神経を刺激するものである。
    知覚神経が冷刺激を受けることで一次的に血管は収縮するが、二次的に体が皮膚温度を上げようと血管は広がり、血流量が増流するのである。
    その血流増加によって鎮痛効果、抗炎症作用などが得られるのである。
    これがゆっくり体温が下がっていくのでは、身体は放熱を防ぐために血管を収縮させたままになってしまう。
    極低温による血液増加量は平常の4~5倍ともいわれ、常温のところに戻っても血管は6~8時間もの間、血流促進状態を保つという。
    ちなみにサウナに入った際の血液増加量は1.5倍なので、極低温療法の方がかなりの増加量と言える。
    具体的な方法は、ホースで局部的に冷気を当てながら行うやり方や、全身的な反応を期待して冷凍室に入る大掛かりな方法などがある。
    目的によって使い分けられるのである。
    【 全身に対して行う方法 】
    これは極低温治療室を使う方法がある。
    まず、常温の部屋から-50℃の部屋に約30秒入る。
    次に-130℃の極低温治療室に3分間入る。
    「-50℃の部屋に30秒」の意味は体の反応として、効果がより一層増す方法なのか、単なる慣らしなのかはよく分からない。
    ネット上ではF1レーサーのマック・ウェーバーという選手が事故後にこの治療を行い、予定よりも早く復帰できたことが記事になっていた。
    現在ではカプセル型の機器もあり、ビューティーサロン等で使われているようである(こちらは-150~190℃ぐらい)。
    ただし、2015年にはアメリカでサロンの従業員がおそらく仕事終わりに疲労回復目的でカプセルに入ったと思われるのだが、翌日出勤してきた同僚に死亡しているのが発見されるという事故が起きている。
    発見時には身体はカチカチ状態になっていたという。
    これは特殊で稀な例ではあるが、必ず誰かの監視下で行わないといけない危険な側面もあるということを認識しておかなければならない。
    他にも五右衛門風呂のようなドラム缶タイプの機器もあり、これらはやはり全身的な免疫機能の向上や疲労回復、全身美容等を目的にしたものだろう。
    日本ではあまり普及していないが、欧米諸国ではセレブやアスリートの間で人気だそうである。
    ちなみに、六本木にある「カヴァロクリニック」では全身低温療法は1回23000円、局所低温療法は1回12000円で提供されているそうだ(冷え~、いやまちがった、ヒエ~)。
    美容目的だと保険が効かないのでどうしても高額になりがちなのだろうが、やはりセレブしかその恩恵にあずかることは難しいようだ。
    実際にかかる原価はどれほどのものかはわからないが…。
    時間は男性が2分、女性が1分半だそうだ(苦笑)。
    【 専用機器にて局部的に行う方法 】
    今ではさまざまにメーカーが出来ているようである。
    局所的なものなので、頭皮や美顔、ケガの治療などに使用されることが多いものと思われる。
    なお、「凍結療法」「冷凍療法」「極低温療養法」など、名称は似ていても根本的に全く異なる療法や、同じ療法であるのに違う名称になっていたりと、結構紛らわしい。
    施術希望をされるときは、内容をよく確認して選択されることをおすすめする。
    「凍結療法」や「冷凍療法」はイボや癌組織を凍らせ、壊死させて取り除く治療法である。
    一方理学療法士が行う寒冷療法の中にも「冷凍療法」と呼ばれているものがあるが、これは氷に塩を加え、より低温化させたものを直接肌に当てて生体反応を引き出すものである。
    極低温療法との違いを持たせるために使われだした呼称かもしれないが非常に紛らわしい。
    もう一つ注意しておかなければならないのは、このクライオセラピーの対象とならない禁忌疾患、禁忌事項があるということ。
    禁忌となる疾患は循環器系の疾患、レイノー病、寒冷アレルギーなどである。
    感覚障害がある部位や心臓・胸部に対しては直接吹きかけてはならない。
    当然のことながら寒冷に対して拒否的な人はそれだけでストレスになってしまうので避けるべきだろう。
    日本で生まれた技術なのに、日本では広まらず、今、逆輸入的に海外から「クライオセラピー」として入ってきたなどと言うのは、いかにも日本らしいという気がする。
    日本でもっと広まり、発展していれば、もっと安価に気軽に行うことができる健康法になっていたかもしれないのにもったいない!
1 2 3 4 5 6 22

所在地

〒020-0886 
岩手県盛岡市若園町10-45

営業時間

平日/9:00~19:00 
土曜・祝日/9:00~17:00

休日

日曜日

TEL

019-622-5544