体のこと、あれこれ

新着記事一覧

  • 2019年8月3日

    あなたはヒル治療法をご存知だろうか。

    ヒルはあのナメクジのような軟体動物である。

    ヒルは吸血することで有名であり、その性質を活かして瘀血の吸出しに使われることは自分も以前から知っていた。

    しかし、調べてみると単に吸い出す効果だけではないようである。

    「ヒル治療」の歴史はかなり古く、インドでは紀元前800年頃からおこなわれていたという。

    また、ピラミッドの内壁に描かれていたり、中国最古の薬物書「新農本草経」に水蛭(すいてつ:乾燥したヒルの生薬名)の薬物記載があったり、ヒルを医療用に使う文化は世界各地に生まれていたようである。

    さらに、現代においてもアメリカFDA(アメリカ食品医薬品局)でも2004年に認可されており、ヨーロッパでも利用されているという。

    自分が認識していたヒルの活用法とは下記のサイトにあるような使用法が主なイメージであった。

    瘀血の溜まったところにヒルを乗せると吸血し始め、満腹になると自然とポロリと落ちてしまうというものである。
    http://www008.upp.so-net.ne.jp/kanehira/hirutiryou.html
    http://blog.kusanonekko.com/?eid=282

    ところが、現在では皮膚移植術や再建手術後の皮膚の血行促進に使われるほか、静脈瘤・筋痙攣・血栓性静脈炎・骨関節炎にも使われるとのことである。

    ドイツのエッセン・ミッテ病院の医師チームは「ヒルの唾液には炎症を抑える物質や関節炎症状を和らげる化学物質が含まれている」と主張している。

    エッセン・ミッテ病院では以下のような実験が行われた。

    膝の関節炎患者に対し、4~6匹のヒルを使った1回の治療と、関節炎の治療薬「ジクロフェナク」を28日間投与する治療とを行い、その効果を比較したのである。

    ヒルは24名に対し行われ、膝の痛い部分に吸い付かせ、離れるまでの約70分間放置した。

    すると、7日後、ヒル治療を行った患者の方が痛みの程度が大きく改善されたという。

    また、膝の硬直や関節炎全体の症状の改善に関しても、治療後3か月を通して良好な結果が得られたという。
    実際の治療の様子を見ていくと、ヒルに噛まれても痛みはほとんど感じないそうだ。

    これは蚊に刺された時と同じように、噛んだ際に鎮痛物質が注入されるからである。

    また、同時にヒルディンという抗凝固作用を持つ物質も注入される。

    それによって血液が凝固することなく、ヒルはゆっくりと吸血を続けられるのである。

    ちなみに、肩こりの治療を受けたある男性の場合、治療後8時間経過して止血用の綿花をはがしてみたところ、ぷくっとまだ出血したとのことである。

    翌日になってもスッキリ感が継続していたとのことで、もしかしたら瀉血作用が長く継続することが効果の持続性を保たせているのかもしれない。
    日本においても札幌医大、小郡第一病院、東京手の外科センター等多数の病院で1980年代から医療用ヒルが使用されているという。

    福島県立歯科大学整形外科では2011年4月より以下のように医療用ヒルが臨床応用されているそうだ。

    四肢や手指切断後の再接着術を行った患者、あるいは移植手術を行った患者で、手術部位にうっ血が生じてしまったケースに対し、医療用ヒルによってうっ血を解除し、再接着率や移植編の生存率を向上させるというものである。

    現代的な病院の中で、古くからの治療法が行われる様子は何とも不思議な光景である。
    ちなみに、一度使ったヒルは弱ってしまい、使いまわしはできないそうで、1回こっきりの使い捨てになるのだとか。

    ヒル1匹の値段は200円~3000円と幅があるようである。

    無菌で育てる医療用ヒルだと値段は高くなるのかもしれない。

    ヒルを使った吸血も「瀉血」とみなされており、「瀉血」は医師法に関わってくるので、一般の方は自分で行う分には構わないが、商売としてはできないことをご注意願いたい。

    なお、溶血作用が強いので妊婦、小児等への使用はさらなる注意が必要である。

    上述のように、瀉血作用が長時間続くのであれば、本当に気をつけなければならない。

    基本的に専門家に相談するのが賢明であろう。

    一方、漢方としての水蛭はどうだろうか。

    一口にヒルといってもその種類は日本には約60種、世界には450種とも500種を超えるとも言われている。

    その中で医療用とされるのはたったの3種類だとか。

    ヒルは動物の血液を吸って体内に取り込むと、6~8ヶ月もの時間をかけて消化するのだという。

    非常に効率的な栄養摂取である。

    その間、取り込んだ血液が固まらずに鮮度を保ち続けさせることができることこそヒルの特殊能力であり、上記で出てきた「ヒルディン」によるものである。

    「血液をサラサラにします」とうたう素材が数ある中で、流れをきれいにし、固まりを溶かし、壁の老化を防ぎ、丈夫にする。

    これら複合要素を合わせもつ素材はまずないと下記のサイトで述べられている。

    ヒルを粉末状にして服用するらしい。

    ナットウキナーゼや赤ミミズなどよりも高効果なのだそうだ。
    https://www.ebiya.ne.jp/suitetsu

    ヒルディンは1904年にイギリスの科学者ジャコビーによって医療用水蛭から抽出され命名された。

    ヘパリンが1916年に発見されるまでは唯一の血液抗凝固剤だったとか。

    現在では大量の薬理実験を通じて世界で最も有効かつ安全な、天然の凝結抑制酵素剤であると証明され、近い将来心臓や脳に関する血管疾患の治療に用いられ、ペニシリンのように一般に普及すると予測する人もいる。

    なんでも「体内循環の申し子」とまで呼ばれているというから、その期待度は半端ではない。

    覚えておいて損はないだろう。

    それにしてもかつては民間療法として広く行われていた「ヒル治療」や「瀉血治療」。

    それを生業にしようとすると、安全性やら西洋医学からの様々な思惑の中で医者にしか「行える権限」は与えられなくなった。

    ではその医者はそれらの技術を存分に生かすかというとごく限られた人たちしかやろうとしない。

    そもそも教育過程ではそれらを教えられることはないし、根本的に東洋医学を下に見ているからだろう。

    そんな中で優れたものが失われていく。

    何ともったいないことだろうか。

    法律は人間が作るもの。

    救急救命士が法律上行えることを増やし救命率を上げたように、鍼灸師にも施術条件を設けても構わないので門戸を広げて、医療文化を残せるようにしてはどうだろうか。

     

     

     

  • 2019年7月23日

    「腰痛は怒りである」と言われて、あなたは「なるほど!」と納得できるだろうか。

    ニューヨーク大学のジョン・サーノ教授が提唱するTMS理論では、根治できない慢性腰痛、坐骨神経痛、肩こり、そのほか四肢の痛みなどは「怒り」が原因であるという。

    人間が抱える諸々の感情の中で、「怒り」は社会的に最も敵視され、受け入れられがたい感情である。

    それゆえ人はなるべく「怒り」を表に出さず、日々の暮らしの中で抑制することを強いられる。

    仕事や日常生活の中でカチンとくること、イライラすること、すべて「怒り」である。

    その溜め込まれた怒りは上手に抑制しきれていればいいが、抑制しきれなくなると自律神経に影響を及ぼし始める。

    自律神経の異常は局所的な血管収縮を引き起こす。

    患部では血液循環が悪くなることで

    ①化学的老廃物の蓄積

    ②筋肉痙攣

    ③神経障害

    が起きる。

    つまり、人が心理的防衛機制を働かせて体に痛みを引き起こし、怒りに対処しているのが慢性腰痛の本質であるというのである。

    TMSとは「Tension Myositis Syndrome」の略で、「緊張性筋炎症候群」と訳される。
    「緊張」とは、言い換えれば「心の緊張」だという。

    「筋炎」とは必ずしも炎症症状があるという意味ではなく、筋肉内に「何らかの生理的変化が生じている」という意味であり、全体を分かりやすく言い換えると、

    TMSとは

    「心の緊張がもたらす痛みを伴う筋肉における何らかの生理的変化」

    の症状を指している。
    怒りだけでなく、「抑制された感情」の蓄積は自律神経の働きに異常をもたらす。

    一般的には胃や腸など消化器系統にその影響は現れやすいが、筋肉、腱・靭帯、神経にも現れたものがTMSと呼ばれるものである。

    人体を経絡の流れで捉える東洋医学からすると、極めてまっとうで人体の本質に近づいた理論だと思う。
    TMS理論の治療プログラムは、

    「講義討論会」

    「グループ・ミーティング」

    「身体への治療をやめる」

    「毎日の注意」

    「痛みを叱る」

    「活動を再開する」

    「ストレス・リストの作成」

    「瞑想と熟考」

    「読書療法」

    「心理療法」

    などから構成されているそうだ。
    項目は多いが要は

    ①「呪い」を解くこと

    ②防衛機制を解除すること

    の二つに集約されるとのこと。

    ここでいう「呪い」とは、腰痛は「老化現象である」「椎間板の異常」「過激な運動」「運動不足」「重いものを持つから」「姿勢の悪さ」「怪我の後遺症」「ハイヒールを履くから」等々、これまで腰痛原因とされてきた誤った情報だという。

    これができないと心に目を向けることができないのだと。

    逆にその呪いが解けると治療の半分以上は達成できたようなものなのだそうだ。

    だから、ジョン・サーノ氏の著書を読むだけで呪縛から解放され、腰痛が改善する人も多いのだという。

    著書は以下で確認できる。
    http://www.tms-japan.org/bibliotherapy.html
    TMS理論では肉体的治療は行わないことを提唱されている。

    それは患者が一度はTMS理論に納得しても、肉体的治療を受けていると、根本的要因である心理的な原因であることを疑い、再び肉体的な治療に固執するようになるからだとか。

    しかし自分が思うに、それは施術者側がTMS理論を認識し、受け入れるかどうかで変わってくることと思う。

    少なくとも、心と体は一体のものと学んできた者にとっては矛盾する理論ではないし、問題の本質を患者に絶えず意識させつつ、肉体的治療を同時に行うことでより早期の改善が図られることだろう。

    いずれにしろ、身体に生理的変化が生じていることは確かなのだから、

    「労働や姿勢など物理的要因を全否定することなく、心理的要因にも大いに目を向け防衛機制を外していく」

    そんなスタイルの方が、治療者も患者も心置きなく治療に取り組めると思う。
    ちなみに、TMSによる腰痛はあくまでも心理的要因に起因する腰痛の場合にのみ有効であるので、ぎっくり腰などの急性腰痛や悪性腫瘍などによる腰痛など、器質的な要因による腰痛との鑑別が必要である。

    イメージとしては治療を受けるとスッキリするが、少しすると再び症状が現れるような慢性腰痛が対象となるという。

    しかし鑑別は必要なので、整形などを受診して器質的な問題がないことを確認した上で行うことが推奨されている。

    TMS理論に興味がある方は下記のサイトをご覧いただきたい。
    http://www.tms-japan.org/index.html
    心理的問題が体に影響を与えるという根本的な考え方については極めて納得できる。

    何ら異論もない。

    しかし、「ぎっくり腰などの急性腰痛や悪性腫瘍」などの器質的な問題がある場合を除いてはいるものの、それ以外の物理的要因を否定する内容にはいくつかの疑問を感じる。

    治療対象を「根治できない慢性腰痛、坐骨神経痛、肩こり、そのほか四肢の痛みなど」というが、何を持って「根治できない痛み」とするのか。

    ここに列挙した疾患はいずれも治療者側の力量によっても治療効果が左右されるものばかりである。

    何年もの過重労働が原因でパンパンに張った腰で、長年腰痛に悩まされているという人もいる。

    このケースなどは1~2回の治療で完治は難しいが、地道にほぐしていくことですっかり改善するケースもある。

    この場合は「器質的に問題のあるケース」になるのだろうか。

    もし、それすらも心理的要因からくる痛みだとするならば、どこにその根拠があるのだろうか。

    しかし、上記で説明されているように、TMSにも器質的変化が生じている。

    結局はその器質的変化の改善を図る試みからとりあえず始まってしまうだろう。

    つまり、「根治できない痛み」といっても少々定義が曖昧で、中には本当に器質的要因の人も含まれているのではないかということである。

    明らかに器質的問題を抱えたケースだけを除き、それ以外をすべて心理的要因による腰痛とするのは少々乱暴すぎるように思う。

    また、TMS理論が掲げる「呪いを解くこと」「防衛機制の解除」ができたとして、それは一度やればあとは痛みを引き起こさないのだろうか。

    もしそうなら「痛みは根治された」として、諸手を挙げて降参しよう。

    しかし、その後の患者が常にその二つのことを意識し続けなければならないのだとしたら、それは治療し続けていることにはならないのだろうか。

    まあ、痛みを感じることもなく、治療のコストもかからないのだとしたら、これは屁理屈の論理でしかないけれども…(笑)。
    患者さんの腰痛が仮に心理的要因からくるものだとしても、治療によって緊張が解きほぐされることで気持ちの平安が、たとえ一時的であっても訪れることを経験上知っている。

    やはり心と体は一体のものなのだ。

    要は、治療者と患者の両者が心理的要因についても深く理解し合い、器質的問題を取り除きながら心理的要因にも目を向け、同時進行で治療を行うことが患者さんにとって最も最短で改善に到達する道ではないだろうか。

    肉体的治療を同時に行っていると、TMS理論を疑い、肉体的治療に再び固執するようになるというが、それも一つのプロセスだと考えればどうだろう。

    そこで「肉体的治療だけでは治らない」ことが理解できれば、前よりもTMS理論を深く理解することができるだろう。

    また、治療プログラムには多くの項目があるが、呪いから解け、防衛機構を解除するまではどれほどの期間が必要なのだろうか。

    その時が来るまで痛みを感じ続けなければならないのだろうか。

    だとしたら、肉体的治療による一時的な開放も意味のあることではないだろうか。

    それが自分の感想である。

1 2 3 4 5 6 28

所在地

〒020-0886 
岩手県盛岡市若園町10-45

営業時間

平日/9:00~19:00 
土曜・祝日/9:00~17:00

休日

日曜日

TEL

019-622-5544