体のこと、あれこれ

新着記事一覧

  • 2018年6月15日

    自分は平均寿命からすればまだ死ぬ年齢ではない。
    しかし、同級生や友人でガンを患い亡くなった人もいる。
    喘息発作で亡くなった人もいる。
    ある朝ベッドの中で冷たくなっていた友人もいる。
    みんな自分と同い年か、自分よりも若くして亡くなった。
    決して自分にとっても死は遥か彼方の遠いことではない。
    そして、死を考えるとき、
    「ポックリ逝けたらいいなあ」
    とは誰もが考えることではないだろうか。
    世の中にはそんな「ポックリ逝くためのコツ」を唱えている方々がおられる。
    今日はそんな「コツ」を掴んで、ポックリ逝きましょうという話である。
    そもそも「ポックリ逝く」とはどういうことだろうか。
    ポックリの語源は大和言葉の「保久利(ほくり)」から来ている。
    保久利とは
    「久しく利益が保たれる」
    という意味で、
    「臨終来迎、阿弥陀様の招きで保久利往生する」
    という宗教用語である。
    これだけでは少々わかりづらいが、つまり
    「生前に功徳を積んでおくと、阿弥陀様が迎えに来てくれて、浄土で永久にご利益を保って下さる」
    ということのようである。
    「保久利と逝く」が「ポックリと死ぬ」となったわけだ。
    そういう意味では長患いなどせず苦しまず、家族にも納得されるような死を迎えられることはやはり有難いことだと思う。
    「ポックリ死ぬためのコツ」の著者である佐藤琢磨東北大学准教授は
    「ポックリ死にはいわゆる『突然死』と『大往生』の2種類ある」
    とおっしゃっている。
    突然死の定義は「症状が出現してから24時間以内に死亡すること」とされているので、心疾患や脳血管障害など原因が特定できる場合もあるが、その多くは原因不明である。
    なので、ここでは原因不明の突然死と捉えたいと思う。
    しかし、突然死の場合は周りの家族がその死を受け入れがたくなるので、佐藤氏は「医師として勧めるのは大往生型である」と言う。
    ではその大往生型のポックリ死はどのようにできるのだろうか。
    多くの高齢者の死を診てきた先生は「体と脳の“同時老衰”」がポイントだとおっしゃっている。
    脳よりも体が衰えれば様々な病気で苦しむこととなる。
    これは本人もつらいし、家族もつらい。
    体よりも脳が衰えれば認知症になる。
    本人は周囲に理解されない苛立ちを覚える時期もあるかもしれないが、いずれそんな苛立ちからも解放され、死への恐怖もなく旅立つことができるだろう。
    しかし、その分、周囲が大変な苦労を強いられることとなる。
    いずれにしても「良き最期」とは言えない。
    そんな中、大往生した人には共通する以下の点があるという。
    ○ストレスがあまりない
    ○うつになりにくい
    ○不眠症にもならない
    ○自分のペースを守る
    ○周囲との摩擦も少ない
    このような人たちが心と体の老化のバランスが保たれているのは、なんかわかるような気がする。
    そのような人になるために、以下のコツが提唱されている。
    1.定年後も仕事を続けるなど、“生涯現役”で、熱中できるものを何か持ち続ける
    2.何事にも必要以上に無理や我慢をしない
    3.最近、物忘れがひどくなったかな・・・と思っても心配しない
    4.寝起きや食事は自分の好きな時間にする
    5.若い人に何か教える技能を持っている
    6.本をよく読む
    7.高血圧や糖尿病、肥満などの生活習慣病の管理を行う
    8.フットワークが軽い
    9.週に1回以上は自転車に乗る
    10.納豆、豆腐、肉、魚などのタンパク質を多めに摂取する
    以上だが、あなたはどのくらい実現できそうだろうか?
    1、5、6、は頭の活性化ということだろう。
    2、3、4、などはストレスをためないということか。
    そういえば、ポックリ逝ける人、逝けない人のチェック項目では仕事を一生懸命頑張る人や食事で栄養バランスに気を使う人などはポックリ逝きにくいという。
    一見、前向きで、ポジティブのようにも聞こえ、矛盾しているようにも見えるが、要は頑張りすぎること、気にしすぎることの害悪に注意が必要だということだろう。
    仕事は周囲や上司から求められるものもあり、加減が難しいが、一生懸命頑張ることが必ずしも良いことではないということだ。
    仕事は続けた方がいいけれども、一生懸命にはならない。
    そんな状態が実現できれば最高だろう。
    自分の母親も結構、健康には気を付けていた方で、朝の散歩も欠かさず行っていたし、TVの健康番組は好きでよく見ていた。
    しかし、結果的には7年ほど前に脳卒中に罹り、右片麻痺という不自由な身体となってしまった。
    幸い内臓系は丈夫で、現在も食欲もあり元気で過ごせてはいるが、行動が大きく制限された生活を余儀なくされている。
    あれやこれや健康に気を付けてはいたかもしれないが、最も大切な「身体をゆったりさせる生き方」ができていなかったのかもしれない。
    7.では生活習慣病の管理も大切だと言っており、やみくもに好きなものだけ食べていていいということではない。
    しかし、栄養バランスにこだわり始めて、健康のための食事がいつしか「義務」みたいなものになってはそれ自体がストレスとなり、本末転倒になるだろう。
    また、本来、体は必要なものを欲するようにできていることも事実である。
    何かをどうしても食べたいときには、本能に従って体が欲するものを摂取することも必要だと思う。
    バランスにこだわるよりも、その時々の体が欲するものを食すという視点も忘れてはならない。
    ちなみに、「体が欲するものを食すこと」と「中毒的に欲するものを食すこと」は違うので、お間違えのないように。
    「体が欲するものを食すこと」とは、普段はそれほど食べないが、ある時期それが食べたくなるものがあれば、それは体が欲しているものである。
    「中毒的に欲するものを食すこと」とは、よく何にでもマヨネ-ズや唐辛子をかける人がいるが、あれなどは中毒的と言えるだろう。
    嗜好の域を超えた食はバランスが崩れている証拠である。
    筋肉の衰えは肉体の衰えの始まりなので、8、9、10は言わずもがなである。
    脚の衰え防止に別の書籍では足の指を使って新聞紙を丸める作業を1日1枚やることも推奨されていた。
    よく「地面を指でつかむようにして歩く」と健康によいと言われるが、足の指を使った歩き方を意識すると、足底筋も鍛えられ、ひいてはふくらはぎの強化にもなる。
    足部からひざ下までの強化は膝関節や股関節の安定化にもつながり、筋力強化とともに、変形性の関節症予防にもなる。
    足の指を使って新聞を丸めるのは複雑な動きが頭の活性化にもつながる効果とともに、そうした脚の筋肉全体を鍛える効果も狙っているのだろう。
    「老化は脚からはじまる」は本当にその通りである。
    老化を予防したいのならば、足を衰えさせないことをしなければならない。
    「『どう死んでゆくか』というのは、『今をどう生きるか』につながる」
    という。
    人にはそれぞれ性格があり、「ストレスはよくない」と分かっていても完璧にやらなければ気が済まない人もいる。
    しかし、その完璧主義が知らず知らずのうちに自分の体に負担をかけているのだとしたら、それは本末転倒であり、やはり生き方を変えてみることも必要だと思う。
    そのような人は、完璧にできているときにはストレスを感じることなく過ごせるかもしれないが、世の中完璧にいくことなんてそうそうはない。
    何らかの理由でうまくいかなかったときのストレスは、完璧をそれほど目指していない人よりも大きくなることは必至である。
    だから結果的に完璧を目指す人の方がストレスを溜め込みやすくなってしまうのだ。
    「自分には無理」などと言う思い込みを捨てて、1か月ぐらい「こだわらない生き方」をしてみてはいかがだろうか。
    もしかしたら、新しい自分を発見するかもしれない。
    「あ~あたしって、案外こんなにずぼらにも生きられるんだ~」
    なんてね(笑)。
    尚、ポックリ逝くための本は結構出ている。
    「ポックリ死ぬためのコツ」「ポックリ死ねる人、死ねない人」他 佐藤琢磨、佐々木英忠 アスペクト
    「達者でポックリ」「ポックリ名人」他 帯津良一 東洋経済新報社
    「ポックリ往生パワースポット 全国寺社完全ガイド」 青志社
    これだけ出版されているということは、それだけ需要があるということだろう。
    やはりみんなポックリと逝きたいのだ。
    さて、あなたはいかがだろうか?
  • 2018年6月4日

    人間の体は様々な細胞が集まって、大きく分類して4種類の組織を作っている。
    4種類の組織とは上皮組織、結合組織、筋組織、神経組織である。
    その4種類のうち、いくつかの組織が組み合わさることで腸や心臓、脳、皮膚など様々な臓器が形成されている。
    マルファン症候群とは遺伝子異常によって4種類の組織の中の結合組織に障害が生じる疾患である。
    1986年にフランスの小児科医アントワーヌ・マルファンによって報告された。
    そもそも、結合組織とはなんなのだろうか。
    一言で言うと他の組織同士をつなげ、支える組織である。
    コラーゲンや靭帯・腱、脂肪、そして血液や骨などもこの結合組織に分類される。
    結合組織は全身いたるところに存在しているし、疾患の重症度も様々なので、症状には非常に個人差がある。
    だが主に骨格系、眼、心臓血管系に病変が認められることが多く、特徴ある体型を示すようになる。
    原因は「フィブリリン1遺伝子」という遺伝子の異常によって、結合組織を作るフィブリリンという物質に異常が起こるためである。
    それによって、正常なタンパク質が作れなくなり、結合組織が弱くなるのである。
    結合組織が弱くなるということは、上記の組織同士のつながりが脆弱となるということである。
    そのために以下のような症状が現れる。
    ○背が高く、痩せて、長い手足と指をもつ
    ○側湾や亀背など背骨の異常
    ○鳩胸、漏斗胸
    ○関節の過可動性(関節がやわらかすぎる)
    ○大動脈弁・僧帽弁の閉鎖不全など
    ○大動脈解離(血管の内膜と外膜が分離する)
    ○水晶体亜脱臼(眼球が動きやすい)、偏位、近視
    等々
    上記の症状によって、二次的な問題も生じる。
    弁が上手く閉じないと血液の逆流を起こし心不全に繋がりかねないし、心臓血管系の問題が最も生命に関わる大きな問題となる。
    患者の65~75%に水晶体亜脱臼があるため、ボクシングやサッカー、高飛び込みなどの体に大きな衝撃を受けるスポーツや、重量挙げなどの大きなパワーを要するスポーツは回避しなければならない。
    しかし、ゴルフなどの最小限の身体的な動きで済む、あるいは非競争である運動などは有益とされている。
    胸部は外形だけでなく、肺を覆う膜にも穴が空きやすくなるため、気胸を起こすこともある。
    眼球は脱臼のおそれだけでなく、網膜剥離による視力低下や失明を起こすこともある。
    外形として胸部や四肢のみならず、顔貌・頭部にも顎関節症や長頭、前額部突出、垂れ目、小さい下顎、大きな耳介、歯並びの乱れ等症状があらわれる。
    その他にも二次的合併症として細菌性心内膜炎、脳卒中、骨形成異常からの呼吸困難、腰痛、頭痛、鬱、不安神経症等も懸念される。
    以上のような症状がすべての人に現れるわけではなく、目だけに症状が現れる人もいる。
    高身長を生かしてスポーツ選手になる人もいるそうなので、重症度には本当に大きな隔たりがあるようだ。
    典型的なケースでは以前テレビでも取り上げられていたリュドミラさんのようなケースがある。
    下記のサイトに概要が掲載されている。
    彼女は病気への理解を求めるためにテレビに出演したと思うので、写真を掲載しているサイトもご紹介したい。
    http://tv-blog.blog.so-net.ne.jp/2013-10-23
    http://commonpost.info/?p=50194
    結合組織自体が全身に及ぶため、上記以外にも書ききれない症状があり、実に多くの症状がみられる。
    日本では約20000人もの患者がいると推定されている。
    75%は親からの遺伝だが、25%は突然変異によるものらしいので、誰にでも起こりうる病気である。
    最も危険な症状は心臓血管壁の結合組織の弱体化なので、診断がつくか、あるいは疑われた時点で心臓の専門医を受診することが勧められている。
    出生時にマルファン症候群が発見されることもあるそうだが、青年期までに診断されることの方が多いという。
    つまり、外形だけでは幼少時ははっきりわからないということだろう。
    症状が多岐にわたるマルファン症候群は、原因が遺伝子疾患なので根本的な治療はない。
    しかし、その予後は、以前は平均寿命が30歳前後とされていたのが、各々の症状に対する適切な治療や、合併症に対する予防がしっかりなされるようになったことで、現在では61歳以上と以前のほぼ2倍にもなったとのこと。
    また、以前はマルファン症候群の女性は大動脈解離などの危険性のため、妊娠しないように勧められていたそうだが、現在では医師の診断と管理のもとで可能になってきているという。
    ただし、新生児期に診断がつくようなケースでは多臓器にわたる重症であることが多く、急速に進行することも多いため、予後はあまりよくない。
    マルファン症候群が社会やスポーツに与えた影響として、その長い指を持つことからピアノやバイオリンを弾く際に、一般人では不可能な演奏ができるようになることで、奏者として有名になった人もいるとのこと。
    自分はよく知らないが、ニコロ・パガニーニやセルゲイ・ラフマニノフなどが本疾患だったという。
    ラフマニノフとは自分でも名前くらいは知っているあのラフマニノフなのだろうか。
    また、高身長が高評価され、バスケットボールやバレーボールなどのスポーツ選手になる例も多いという。
    しかし、一方で試合中に突然死を起こす例も多いそうで、やはり厳密なリスク管理が必要なようである。
    ただ、「命あっての物種」という言葉もあるのだが、アイデンティティーをどこに見出すのかというのは非常に難しい問題である。
    命の危険があってもスポーツを続けるという選択することに関しては自分には何とも言いようがない。
    確かなことは、特にご両親にとっては「可能な限り命を長らえてほしい」との思いが本当のところなのだろうということである。
1 2 3 4 5 6 17

所在地

〒020-0886 
岩手県盛岡市若園町10-45

営業時間

平日/9:00~19:00 
土曜・祝日/9:00~17:00

休日

日曜日

TEL

019-622-5544