体のこと、あれこれ

足指ストレッチ

2018年5月17日

当院で行っている徒手療法で、私が「リリース」と呼んでいるものがある。
キャリアを重ねるごとにその施術内容はどんどん変化していき、気功的な要素も加えているので、本来理学療法の世界で行われている「リリース」とは似て非なるものになっている。
もちろん、より高い効果、より深い効果、より早い効果を目指しての変化させてきているのだが、人の身体を深く見られるようになってくると、相対的に施術時間も伸びてくるため、結局は短くとも20分程度の施術時間を要している。
個人的にはこれ独自でもひとつの治療法として確立させられるなあと感じているが、自分が提供する施術は「全身治療」が信条なので、あくまでも当院の治療の大きな柱の一つという位置づけで行っている。
さて、そんな「リリース」だが、近年注目して行っているポイントの一つに「指」がある。
これは手足両方ともだが、そもそも指はここを起源として経絡が始まる処でもあり、ここへ経絡が収束していき、次の経絡へとつながる処でもある。
なので、鍼灸治療の観点からも非常に重要な治療ポイントの一つとなっている。
実際、指周辺の非常にわずかな滞りを解消するだけで脚全体が緩むし、指から離れた身体のほかの部位にも変化が生じさせることもできる。
もちろん、リリースの治療ポイントとしては指だけではなく他にもあるが、指を緩めるだけでも一定の効果がある。
そして、それを患者さんご本人が普段の日常生活の中で可能にするのが「足指ストレッチ」である。
ぜひ覚えて、テレビを見ながら、職場の休憩時間に、家事の合間に行ってみてほしい。
紹介する人によってやり方は微妙に異なるが動かせる方向には自ずと決まっているので、そう大きな違いはない。
横開き、回旋、長軸方向への伸長の3方向へのストレッチを基本に覚えてほしい。
1.横 開 き
まず、指まわりの硬さ具合によって可能な人は足の指と手の指を交互に組み合わせてみる。
普段あまり開くことのない足の指の間に手の指が入るので、それだけで足の指が横方向に広がる。
そうしてグッと指を開くだけでも指まわりが解放されていくのがわかる。
もし痛みを感じるようならば、痛気持ちいい程度まで指の開き具合を調節してほしい。
余裕のある人はその状態でぐるぐると回し、より指まわりのほぐしを進めてみよう。
指まわりが硬く、手の指を組ませることができない人は布などを手等な厚みに調節し、足の指の間に挟み込んで指を開かせ、手で足の指を掴んでぐるぐる回すとか、底背屈をくり返すことで指まわりをほぐしていく。
痛みの度合いが「痛気持ちいい」程度から始め、じっくりほぐしていく。
ペディキュアを塗る際に指を開いた状態に保持する為の道具でセパレーターというモノがあるそうだが、そういった小道具の利用を推奨している人もいるようである。
2.回 旋
母趾から小趾までのそれぞれの指の爪脇をつまみ、順番に指を回旋させるようにひねる。
爪脇はそれぞれの指に配当されている経絡の起源である井穴(せいけつ)の場所である。
この場所をつまんで痛みがあるようならば、そこから始まる経絡に何らかの問題がある証拠でもある。
痛くなくなるまで地道に何日でも続けて行ってみてほしい。
むかし、「爪もみ療法」というものが流行ったが、それはいうなれば井穴をほぐすものである。
井穴をほぐす「爪もみ」を意識しながら足趾の回旋運動を行ってみるといいだろう。
3.長軸方向への伸長
これはただ指先の方向へ引っ張るだけである。
通常の動きの中ではありえない方向へのストレッチだが、関節を取り巻く軟部組織を緩めるのに最適なストレッチである。
硬くなっていれば硬くなっているほど痛みを伴う運動なので、最初から無理に痛みを我慢しながらほぐそうとせず、数日かけて緩めていくぐらいの気持ちで行ってほしい。
トータルで5分も行えば十分。
時間を作れる場合は一日の中で数回行ってみると、効果は倍増である。
指まわりが緩むと指先から足全体が温かくなっていく。
循環が良くなっていくのである。
そしてむくみの改善や足の形状が整うことで骨格の矯正にも役立つ。
循環が良くなれば足の疲労感の改善にもつながる。
良いことは多い。
そして、大切なのはよく患者さんにお話ししているが、「ほぐしてから鍛える」ことである。
ほぐれて循環が良くなり、骨格が矯正されたとしても、それを保持する筋力もなければいけない。
よく「地面をつかむように歩きなさい」と言われるが、これは足指の筋力が地面に伝わるような歩き方をすることである。
現代では足の指が浮き気味になったり、ハイヒールで指がすぼめられ、指の力が地面に伝わらず、踵で歩くことが多くなっているという。
これが指の硬さを助長させる元となっている。
なので、足指の筋力トレーニングも同時に行うとよい。
テレビでもご覧になられた方もいると思うが、床にタオルを敷き、その上に足を置いて、指の力だけで手繰り寄せることを繰り返すと、まさに「地面をつかむ」ような指の使い方を覚え、筋力的にもアップさせることができる。
また、足の指を使ってじゃんけんの動作を行うことも可動性を高めるとともに筋力アップにつながる。
ほぐしの効果はすぐに実感できると思うが、筋力アップは時間がかかる。
早い効果を焦らず、じっくり行ってみてほしい。
硬ければ硬い人ほど、効果は実感しにくいかもしれないが、毎日繰り返し行うことで治療院での施術と同等、あるいはそれ以上の効果をもたらすこともあるだろう。
ぜひ試してみてほしい。
足を柔らかくしておくことは、脚を柔らかくしておくこと。
身体を軽くし、気の流れを促し、ケガの防止にも役立つ。

所在地

〒020-0886 
岩手県盛岡市若園町10-45

営業時間

平日/9:00~19:00 
土曜・祝日/9:00~17:00

休日

日曜日

TEL

019-622-5544