体のこと、あれこれ

血の涙を流す女性

2018年10月13日

血の涙を流す。
そんなことは漫画の世界だけの話だと思っていた。
しかし、現実にそんな病気があるそうだ。
ドミニカ共和国のデフィナ・セデーノさん(22才)は2009年頃から泣くと血の涙が流れるようになったという。
血は涙だけでなく、汗となって流れ、爪やへそからも染み出てきたとのこと。
鼻血も出て、髪が抜けるようにもなったとも。
ある時は15日間も出血が続いたために、大量の血液が失われ、輸血が必要にもなった。
しかし、いろいろ調べても原因が分からなかった。
彼女はショックで恐ろしくなった。
訴えても周囲から理解されず、引きこもりになって、学校も中退してしまったという。
医者も目の前でその現象を見て、初めて信じたそうだ。
友人らは伝染病を恐れ離れていってしまい、子供たちからは容赦ない罵声を浴びたりもした。
そんな生活の中、絶望に駆られて鎮静剤の大量摂取で自殺を図ったこともあった。
幸いにも家族に発見され、一時は心肺停止状態にもなったが、どうにか蘇生された。
それから4年の歳月を経て、彼女は確定診断を受けることができた。
彼女は血汗症だったのである。
これはアドレナリンの値が通常の20倍とかなり高く、不安に駆られると血圧がひどく高くなり、血液が汗として体外へ吹き出してしまう病気である。
メカニズムはまだよく分かっていないが、文献によれば汗腺を取り囲む血管が、極度の不安やストレスにさらされると収縮して狭くなったり、破裂寸前まで膨張したりするそうで、
その際に何らかの原因で血液が汗腺に流れ込み、それが汗と一緒に皮膚の表面に出ていくのではないかという。
先天的な血液凝固異常ではないかというイギリスの専門家もいる。
なんとレオナルド・ダ・ヴィンチの医学文献にも戦場に向かう戦士や突然の死刑宣告を受けた人々が血の汗をかいたとの記述が残されているそうだ。
また、聖書にもイエスがゲッセマネの花園で裏切られ、磔刑になる自分の運命を予見して苦悩した時に血汗症の症状がみられたと記されているとか。
まれではあるけれども古くからそういった現象は確認されていたようだ。
もし、血の汗は流れず、涙としてだけ流れる場合は「ヘモラクリア」という疾患の可能性もあるという。
これは涙管部に腫瘍が発生し、それが原因で目から血のような色の涙が流れ出るといわれる症状である。
普通の涙と血が混ざりあったもので、別説ではバクテリアによる結膜炎などによって引き起こされるとも言われている。
ある人の調べでは世界で血汗症は80例程しか確認されていないのだとか。
自分もネット検索で調べてみたが、具体的な疫学調査がなされた日本語の報告は見つけられなかった。
それも圧倒的に西洋人が多く、アジアでの症例は中国やインドで数例が確認されたのみということである。
ちなみに、馬にも血汗症があるそうなのだが、こちらの方は原因がはっきりしている。
それはパラフィリアという名の寄生虫が血管の中に入り込むことによって起きる病気。
パラフィリアは特に夏場に皮膚の表面に集まってきて、皮膚を食い破って外に出る。
その際に出血がみられ、それが汗のように見えることで血汗症と呼ばれているとのこと。
昔、中国には汗血馬という馬が存在していたという。
その名の通り、血のような汗を流して走る馬で、一日に千里走ると言われていたそうだ。
実は血汗症にかかった馬は血管や細胞組織の壊死による痛みが激しく、その痛みに耐えきれず走り続けるそうで、休むことなく長距離を走ったというのである。
汗血馬は、実は血汗症にかかった馬だったのではないか、と言われているそうな。
人間の場合は激しい痛みを伴わないし、細胞組織の壊死も起こさないので、少なくとも寄生虫によるものでないことだけは明らかである。
血の涙や汗を流す病気。
常識ではありえない症状に、本人や周囲の人々はどれほど恐怖に苛まれただろうか。
知識の蓄積がないと、常識から逸脱する現象は極めて恐ろしく、時にオカルト的な見方をしてしまいがちである。
インチキ現象は論外だが、
「今の科学ではまだ解明できないとしても、起きている現象には何らかの現実的な原因がある」
という見方が最も科学的な見方なのだと改めて教えてくれる疾患である。

所在地

〒020-0886 
岩手県盛岡市若園町10-45

営業時間

平日/9:00~19:00 
土曜・祝日/9:00~17:00

休日

日曜日

TEL

019-622-5544