体のこと、あれこれ

オゾン療法

2020年2月13日

オゾンと聞くと地球を紫外線から守る「オゾン層」が思い浮かぶが、最近ではオゾン水を使った殺菌などが話題となっている。
今回はそんなオゾンの医学的な利用について見てみたい。
一般的に「オゾン療法」とはヨーロッパで行われているオゾンガスを利用した様々な治療法の総称を指すのだそうだ。
中でも「血液クレンジング療法」は英国エリザベス女王の母、クィーンマムが週2回これを行うことで大きな病気をすることもなく、101歳まで長生きしたとして有名になった療法なのだという。
具体的には100~200ccの血液を抜き、その血液にオゾンガスを混合し、再び体内に戻す治療である。
時間にして30~40分ぐらいのものらしい。
これは日本では「大量自家血療法」とも呼ばれ、「少量自家血療法」の場合は3~5ccの血液にオゾンガスを混合し、筋肉注射で体の各所に打つ治療法もあるそうだ。
ヨーロッパでは肝炎やHIVウイルスの増殖を防ぐ方法としても用いられ、狭心症や心筋梗塞などの虚血性疾患に対しては保険適用もされているとのこと。
また、投与する量によっては免疫調整作用もあるため、老人性網膜変性疾患やアトピー性皮膚炎などのアレルギー・自己免疫疾患、およびガンの補完療法として外科手術後にも用いられているという。
ガンの補完療法では週2回、5週間を1クールとして年に1・2回くりかえすとのこと。
また歯科領域では自家血療法ではないが、オゾンガスの直接的な殺菌作用を用いているようで、医科でのオゾン療法は広く行われているようである。
あるサイトでは以下の疾患がオゾン療法適用疾患に挙げられていた。
〇 ガン、悪性リンパ腫
〇 自己免疫疾患(慢性関節リウマチ、多発性硬化症、クローン病、アトピー性皮膚炎、エリテマトーデス)
〇 線維筋痛症
〇 ウィルス性疾患(B型・C型肝炎、HIV、パピローマウィルス、帯状疱疹)
〇 慢性腎不全
〇 慢性疲労症候群
〇 脳神経退行性疾患(アルツハイマー病、パーキンソン病、痴呆)
〇 呼吸疾患(肺気腫、COPD)
〇 真菌感染症
〇 眼科疾患(白内障、緑内障、加齢性黄斑変性症)
〇 動脈閉塞性疾患(心筋梗塞、脳梗塞)
〇 下肢動脈瘤
〇 糖尿病(糖尿病性末梢神経障害、糖尿病性壊疽)
〇 抗酸化能力の向上・血液循環の改善による病気の予防、アンチエイジング効果
〇 肩こり・冷え性・花粉症等
ん~これだけ多くの疾患に使用されているということはその効果は本当に高いものがあるのだろう。
しかし、残念ながら、日本では保険適用とはなっていない。
バセドウ病やG6PD欠損症という特殊な血液の病気の方、妊娠中の方などは対象外となるらしいのだが、基本的に副作用もなく、薬剤を必要としない治療法でもあるので、製薬会社の力が強い日本での認可は難しいのかもしれない。
医療予算を削るぐらいなら、安価で、安全で、効果の高いこうした療法を認可すべきではないだろうか。
それが真の国民のための医療政策というものだろう。
ちなみに、東京のある病院では一回21600円の料金となっていた。
やはり保険適応なしでは一般人には厳しい。
オゾン療法には血液クレンジング療法の他に腸内オゾン療法、整形オゾン療法、オゾンワクチンなるものもある。
腸内オゾン療法は自己浣腸により直腸膨大部を空にした後、オゾンガスを注入するという。
オゾンが腸粘膜に直接触れ、殺菌作用によって悪玉菌を減少させ、循環の改善を図り、免疫の改善・組織修復力の向上につながるという。
注入後10分ぐらいでお腹が暖かくなり、体全体に広がっていくのだそうだ。
この感覚は血液クレンジング療法でもあるそうで、なんとも気持ちよさそうである。
こちらの対象疾患としては肛門亀裂、痔瘻、潰瘍性大腸炎、クローン病、慢性疲労、うつ病などが挙げられていた。
腸内環境の改善がうつ病にも効果的と言われているので対象となっているのだろう。
やはりこちらも別の病院ではあるが1回19000円の料金設定となっていた。
う~ん。
整形オゾン療法では抗炎症効果や鎮痛効果、組織再生効果があり、5~10mlのオゾンガスの直接注入を行うとのこと。
四十肩や膝関節症など各種運動器疾患に効くようである。
こちらは1回14000円である。
オゾンワクチンとはワクチンというだけに感染症やがんに対する治療法となっている。
5ccほどの血液を採血し、そこへオゾンガスを混合し、筋注を行うという方法である。
上述の少量自家血療法と呼ばれるものだろう。
対象疾患はヘルペスⅠ型・Ⅱ型、急性帯状疱疹、ヘルペス後神経痛、子宮頸部のHPV感染、各種のガンとなっている。
週に1回、10回を1クールとするらしい。
ガンへの効果がどれほどのものかはよく分からない。
この病院では補完療法ではなく、直接的な治療法としているようなので、もしこの治療法を選択しようとするならば、しっかりとした確認を行うことが必要かも知れない。
料金は1回3000円、1クールで27000円。
治療に何クール必要となるかはわからない。
他にも医科で行われるオゾン療法としてはやけど、皮膚の感染症、褥瘡治療などにオゾン水が使われたり、オゾンガスをオリーブ油に固定したオゾン化オリーブ油を塗布することでアトピー性皮膚炎や水虫治療にも使われるとのこと。
また、潰瘍などにはガラス瓶をかぶせてそこにガスを入れる方法などもあるという。
ヨーロッパでは50年以上もの歴史があるといオゾン療法。
そういえば、鍼灸についても安価で高い効果が期待できるとヨーロッパでも注目を集め始めていると聞く。
いかにも極めて合理的な考え方をする欧米人らしい。
いくら現場が認めても、製薬会社とのしがらみの中でおいそれとは認めない日本。
こんなところにも社会の構図が見えるようである。

所在地

〒020-0886 
岩手県盛岡市若園町10-45

営業時間

平日/9:00~19:00 
土曜・祝日/9:00~17:00

休日

日曜日

TEL

019-622-5544