体のこと、あれこれ

新着記事一覧

  • 2020年1月28日

    本来ならばどんどん寒さを増す時期だが、今年は例年に比べて非常に暖かく、こんな疾患はあまりリアリティーがないかもしれない。
    しかし、実態は暖冬だから心配いらないというものでもない。
    このような年にも注意をしたいものである。
    寒冷アレルギーとは読んで字の如く、体温よりも低い温度のもの、冷風、氷、雨、ときにアイスクリームなどに触れることで蕁麻疹などの症状を引き起こすアレルギーの一種である。
    重症例では呼吸困難に陥り、死に至ることもあるので、油断のできない疾患である。
    以前、テレビで紹介されていたケースである。
    Yさんは札幌在住。
    幼いころから大きな病気などしたことがなく、活発な子供だったそうだ。
    ある年の11月。
    自転車に乗っていると手が異常にかゆくなってきた。
    見ると、腕全体が真っ赤に腫れていた。
    その腫れは脚にも生じ、驚いた彼女はすぐに病院へ行った。
    1時間以上待たされているうちに、腫れは引いてしまっていた。
    その時は医師に診てもらうことなく帰ったが、ネットで検索してみると、「寒冷アレルギー」という文字が目に止まった。
    すぐに冷たい水で試してみると、濡れた部分がやはり赤く腫れた。
    医師に相談してみると、やはり寒冷アレルギーだろうとのことだった。
    Yさんのように、ある日突然発症するケースもある。
    このアレルギーは皮膚の温度が体温より低下し、刺激を受けると、ヒスタミンという物質が放出され、血管が拡張される(発赤)。
    また、血管内の血漿が皮膚内にもれ出すので、その部分が腫れてくる。
    同時にヒスタミンが神経を刺激し、かゆみを引き起こすのである。
    いわゆる蕁麻疹症状である。
    Yさんは対処法として、医師から症状が現れた時はすぐに毛布などで体を温めるよう告げられた。
    しかし、ここは北海道。
    寒さとの闘いは過酷だった。
    寒い日には顔全体が赤く腫れてしまうこともあったとか。
    しかし、症状は冬だけにとどまらず、夏場もスーパーなど冷房の効いた場所などでは症状が出てしまうため、買い物にも上着が必需品だったという。
    また、アイスが食べたくても、唇に冷たいものが触れると赤く腫れてしまうので、触れないようにして食べたという。
    ちなみに、Yさんの場合は口の中は冷たいものが触れても大丈夫だったそうだが、人によっては食材に関わらず、冷たいものを摂るとお腹を壊すようなケースもあり、これも寒冷アレルギーであるとも言われている。
    また、冷たい風などに当たるとたちまち鼻水、くしゃみ、頭痛などの症状が現れる場合もある。
    Yさんはトイレの便座が冷たいと蕁麻疹が出るし、歯磨き、洗顔も水ではできなくなったという。
    飲み会では冷たいグラスが手や唇に触れると腫れるため、ビールもストローで飲んでいたとのこと。
    また、海もプールも、スキーも彼女は楽しむことができなくなったのである。
    症状が出始めて2年が経過した夏のこと。
    突然の雨に当たり、濡れた服が彼女の体温を奪ってしまった。
    彼女は突然息ができなくなり、苦しみだしたのである。
    過剰なアレルギー反応で気道が収縮したために、呼吸でしづらくなったのだ。
    この時はすぐに身体を温め、体温の上昇を測ったため、幸いにも大事に至らずに済んだが、命の危険もあったのである。
    とにかく冷たいものに触れないことが予防法であるが、治療法としてはヒスタミンが引き起こすアレルギー症状なので、抗ヒスタミン剤が効くそうである。
    しかし、発症の引き金は基本的に自律神経の乱れが起きていると言われており、この改善が根本的に必要な治療と言える。
    東洋医学的にみると、冷気に触れて症状が悪化するのは寒邪が入り込んでいる状態なので、この邪の処理が大切である。
    「自律神経に乱れ」を起こしていることから、身体的には交感神経が過敏になっていることも推測されるので、それらの対処が必要ということであれば鍼灸などはまさに適切な治療手段ではないかと考えられる。
    寒冷アレルギーでお悩みの方には、是非とも一度鍼灸治療をお試し頂きたいと思う。
    ちなみに、女優の剛力彩芽さんも寒冷アレルギーなそうな。
    風呂上がりに身体全身がかゆくなって赤くなるという。
    体は温まってはいるものの、自律神経に乱れによって皮膚が「温度差」に適切に反応できないことから、冷たいものに触れた時と同じ反応が起き、発疹が出て痒くなるのである。
    この季節、冷たい空気に触れて皮膚の発赤のみならず、風邪でもないのに鼻水、くしゃみなどの症状が出るようなら要注意である。
    特にYさんのように、若い人は「若さ」を過信し、あまり肌を露出して冷気に当たり過ぎぬようご注意申し上げたい。
  • 2020年1月14日

    日常的に知性を失ってしまう行為というのはいろいろある。
    その最たるものがアルコールである。
    アルコールに弱い自分は、10年ほど前に宅飲みしていて、大して飲んでもいないのに酔っ払ってしまい、風呂場で転倒して左肩を脱臼するという失態を犯したことがある。
    翌日整骨院で修復してもらうというなんとも情けない結末となった。
    このようにアルコールほどではないにしろ、
    「知性を損なわせる10の事」
    があるサイトで紹介されていた。
    しかし、それらの行為は余りにも日常的過ぎ、しかも「知性が下がった」とはあまり自覚できないものばかりであった。
    それゆえ、それらの行為が習慣化してしまうとアルコールよりもかえって決定的に知性を損ないそうで怖くなるのである。
    あなたは、その「10の事」を知らず知らずにやってしまってはいないだろうか?
    1.薄暗い照明
    照明の明るさが学習能力に影響するそうだ。
    ナイルグラスネズミは人間同様昼に活動し、夜に寝るという習性があるという。
    そのナイルグラスネズミに迷路を抜ける訓練を行い、その後ネズミを昼間に明るい照明が使われるグループと、薄暗い照明が使われるグループとに分けてみた。
    実験から4週間後、薄暗い照明グループのネズミは脳の海馬(学習や記憶に関係するところ)の容積が30%も減少したという。
    実際、この二つのグループを前回学習した迷路に再び入れてみると、明るいグループは成績が向上したが、薄暗いグループは以前よりも成績が悪化したという。
    薄暗い照明は精神を落ち着かせるリラックス効果があるので、仕事で交感神経が高ぶった状態には極めて有効な照明かもしれない。
    しかし、それが日常化すると精神の活性を必要以上に下げてしまい、学習や記憶の能力を貶めてしまうのかもしれない。
    2.スマートフォン
    テキサス大学の実験で、注意力が必要なテストを受ける際に、あるグループにはスマホを別室においてもらい、別のグループにはスマホをマナーモードにした上で、画面を伏せて机の上に置かせた。
    するとスマホを別室に置いたグループの成績の方が良かったという。
    これは、現代人は常にスマホを確認することに慣れてしまったために、他に集中しなければならないことがある場合でも、目の前にスマホがあるだけで無意識に集中力がそがれるためだそうだ。
    本当に集中せねばならない時は、完全に手の届かないところに遠ざけ、意識下からそれを取り除かなければならないという。
    3.幼児期に加工食品の過剰摂取
    幼少期に偏った食習慣があると、認知能力が低下するという研究結果がある。
    14000人の子供と知能指数を調査した結果、3歳の時点で主に加工食品を食べていた子は、栄養豊富な食事を与えられた子供に比べて、5年後の平均IQが低かったという。
    ビタミンや栄養が豊富な食事は脳の最適な発達を促す一方、加工食品にはそうした効果が期待できないという。
    しかも、脳が最も早く発達するのは誕生から3歳までの間であり、その間に与えられる栄養は、その後長期間にわたり脳機能全般に影響を与えるとのこと。
    なので、3歳以降にきちんとした食事が与えられるようになっても、あまり改善効果は見られないという。
    昨今、「子どもの貧困」が問題になっている。
    政府は進学に関してだけ対策を講じようとしているが、識者からは親も含めて家庭全体・生活全般での経済状態の改善がなければ、根本的な解決に結びつかないと言われており、上記の面から見てもそれは非常に真っ当で、正しいのだろう。
    4.同時に複数のことを行う(マルチタスク)
    脳は基本的に、同時に一つのことしか集中できないようになっている。
    だから、さまざまなことを同時に行っている場合は、瞬間、瞬間に注意力を何度も切り替えて課題を行っている。
    その結果、一つの課題に集中して行った時と比べてそれぞれがお粗末な仕上がりとなるという。
    実際、スタンフォード大学の調査でも一度に複数の作業をこなすのが好きで、それが得意だという人の方が、一つのことだけに集中するのが好きだという人よりも、それぞれの課題の処理が下手だったとの結果が得られた。
    さらに、パフォーマンスが低下するだけでなく、マルチタスクはIQまで低下させるという。
    これは大麻や寝不足の悪影響よりも大きな低下なのだそうだ。
    本稿64号では「スーパー・タスカー」と呼ばれる能力を持った人らを取り上げた。
    その調査では常人よりも複数の作業をいとも簡単に、極めて優秀な成績を収めていたが、個別の課題のみ行った場合でも同レベルの成績を収めていたので、やはりごくまれに「スーパー・タスカー」はいるのだろう。
    しかし、常人の、分を過ぎたマルチタスクは逆に脳破壊につながると捉えた方がいいかもしれない。
    5.糖 類
    カリフォルニア大学の実験である。
    迷路の抜け方を訓練したラットに果糖が多く含まれた水を与えた。
    そのラットを二つのグループに分け、一方には脳細胞のダメージを防ぐと考えられているオメガ3脂肪酸を与えた。
    6週間後、オメガ3脂肪酸を与えられたグループは迷路実験の成績が向上したという。
    与えられなかったグループは以前学習したルートを思い出しにくくなっていた。
    脳細胞は糖をエネルギー源として利用しているが、果糖が安定的に入ってくると脳細胞の果糖の保管や仕様の仕方に変化が生じてくるのだそうだ。
    そしてそれは思考や感情処理にも影響を与えるようになるという。
    最近
    「糖の過剰摂取でキレやすくなる」
    ことが言われはじめている。
    糖分を摂りすぎたらオメガ3脂肪酸を多く含むマグロのトロ、青魚、クルミ、亜麻仁(アマニ)油、エゴマ油などを摂ると良いそうだ。
    6.長時間の運転・テレビ
    これは少々意外かもしれないが、レスター大学の研究では1日に2時間以上運転する人はIQが低下するという。
    5年間にわたり50万人以上の生活習慣を追跡しつつ、対象者の記憶テストと知能テストを実施した結果である。
    被検者のうち、1日に2時間以上運転していたのは93000人で、彼らのテスト結果は全く運転しない人よりも劣っていたという。
    また、5年間の調査機関を通じて、長距離ドライバーの認知能力には徐々にではあるが低下がみられたとのこと。
    原因は、運転中は刺激に乏しく、頭脳が不活発になるからだそうだ。
    なので、同じ理由からテレビを1日3時間以上見る人にも同様の傾向がみられるという。
    テレビは一方的に情報が入ってくるかもしれないが、脳を活性化させる刺激にはなっていないということだろう。
    以前、「座りっぱなしのリスク」を紹介した。
    当然のことだが、脳も体も刺激がないと衰えていくものらしい。
    7.時差ぼけ
    海外出張もなければ海外旅行もない自分には縁のない項目だが、これが思う以上に長く記憶力や学習能力に影響するらしい。
    カリフォルニア大学で実験的に1か月間「時差ぼけ」のラットをつくった。
    その期間中に行った記憶力と学習能力をみる課題で成績の低下がみられたのだが、その後通常の睡眠パターンに戻してからの1か月間の間も対象群と比べて成績は低下していたという。
    このラットの海馬を調べてみると半分しかなかったそうだ。
    実は「時差ぼけ」は海外旅行ばかりでできるわけではない。
    普段から睡眠時間に不規則だったりしても海馬にダメージが現れる恐れがあるという。
    睡眠時間が不規則になりがちな職業の方は注意が必要かも知れない
    8.肥 満
    これも少々意外だが、余分な脂肪は脳にも悪影響を与えるという。
    肥満している人の脳は糖の処理方法が普通の人と異なっており、その処理方法の違いが脳に構造的ダメージを与え、ひいては認知機能に悪影響を与えているのだとか。
    なので、痩身手術の前後に認知テストを行うと術後のテストの成績の方が驚くほど改善するという。
    50代の過体重の人の脳の白質(脳内の様々な領域をつなげるところ)の量は、痩せている60代と同レベルだとか(うっヤバい!)。
    白質量は加齢とともに減少するが、過体重だとそれが早く進行するのだという。
    5との関連で、甘いもの好きで太っていたら要注意ということだろう。
    9.幼少期の体罰
    アメリカの研究では幼少期にお尻をたたかれる体罰を受けてきた子は、そうでない子よりもIQが低くなるという。
    世界的なデータでも、お尻を叩く躾が一般的な国で子供の平均IQの低下がみられるとのこと。
    原因は慢性的なストレスである。
    ビクビクしたり、おびえたりすることで脳の発育を阻害するのだろう。
    「体罰の禁止」は単に子供の人権という観点だけでなく、知性の問題としても重要なのである。
    10.おバカな内容のテレビ番組
    オーストラリアの心理学者マーカス教授の実験では、大学生に様々な分野のテストを受けてもらった。
    テストに先立ち、半数にはバカな決定ばかりをする間抜けな男の話を読んでもらった。
    すると、それを読んだグループの方が、そうでないグループよりも成績が悪かったという。
    これは「メディアプライミング効果」と呼ばれるもので、メディアに暴露されたことによる後遺症のことで、その後の行動・意見・知性に影響を与えるものだという。
    最近ユーチューバーのひんしゅく行動が問題となっているが、そうした映像ばかりを見ていると、自分自身も同様の行動をとりがちになるということだろう。
    6とも絡んで、長時間に渡っておバカな内容のテレビばかりを見ているとろくなことにならないらしい。
    正直言って、5、6、8、10あたりなどは自分にも当てはまるところがある。
    このほかにも寝不足や脳のキャパを超えたことをやろうとすることも逆に脳にとってあまりよくないらしい。
    あなたは知性を損なうことをやってはいないだろうか?
    なお、上記には職業的にやらざるを得ないことも含まれてはいるが、知性は逆に研ぎ澄ますこともできるものである。
    様々な方法でバランスを取ることは可能だし、重要なのだと思う。
    自分も筋トレとともに、脳トレもやる必要があるようだ(泣)。

所在地

〒020-0886 
岩手県盛岡市若園町10-45

営業時間

平日/9:00~19:00 
土曜・祝日/9:00~17:00

休日

日曜日

TEL

019-622-5544