体のこと、あれこれ

新着記事一覧

  • 2018年11月28日

    初めてこの「口腔崩壊」という言葉を聞いたときには何のことか全くわからなかった。
    怪我か、病気で口の中が壊れてしまったのかと。
    しかし、これは病気には違いないが、極めて社会的要素の強い疾患である。
    あるサイトでの「口腔崩壊」の説明では、
    「明確な定義はないが、10本以上の虫歯や、歯根しかないような未処置の歯が何本もあり、食べ物をうまく噛めない状態を指す。栄養状態が悪くなり、身体の成長やあごの発達などに影響する恐れがある。歯科を受診できない背景として貧困問題との関連からも注目され始めている」
    とされている。
    この「口腔崩壊」を生み出している背景には貧困やブラック企業の存在が見え隠れしているのである。
    ますます広がる格差社会の中で、貧困問題はどんどん大きくなっていく一方だが、特にそれが如実に表れるのが健康問題である。
    これまでは癌などの重い病気にかかっても、受診する余裕がないために手遅れになり命を落とすケースなどが報告されていた。
    この「口腔崩壊」は、その貧困問題が子供の歯にどれほど大きな影響を与えるかを示すものである。
    百聞は一見に如かずというので、「口腔崩壊」がどのような状態なのかを画像で見ていただくのが手っ取り早いと思う。
    だが、正直言って衝撃的な画像である。
    覚悟のうえで、それでも是非ご覧になってほしいと思う。
    今、この国の子供たちの口の中に何が起きているのか、現実を直視する責任が大人にはあるからである。
    「口腔崩壊」と検索するだけで画像は出てくる。
    または下記のサイトで詳しく報じられているので、そちらをぜひご覧頂きたい。
    沖縄では子供の虫歯有病率が全国水準で最悪だそうで、その中で「口腔崩壊」状態の子供たちの存在が浮き彫りになっている。
    主食はパンやラーメン、コーラが主で、長女や男児が近所の弁当屋の「お手伝い」をして売れ残りをもらうような生活実態もある。
    また、そのような口腔崩壊になると、白米でさえ「硬く」感じるようになるという。
    大阪の歯科保険医協会が行ったアンケート調査でも「口腔崩壊」状態の子供の存在が数多く報告されている。
    経済的理由やネグレクトにより、虫歯の治療ができずに歯が抜けるに任せていたり、抜歯するほかない状態になり、噛み合わせも悪くなる。
    罹患者には貧困家庭の子供やその親、不規則な生活をする若者などに多いという。
    子に対する親の意識の低さ、親自身に歯磨きや虫歯治療の習慣がない世代間連鎖なども原因となっているとのこと。
    口腔崩壊によって、その後どのようなことが起きるのか。
    前歯がほとんど溶けて無いため、見栄えの問題もあり、マスクが手放せなくなる子がいる。
    また、虫歯で物が噛めないために、給食を満足に食べられない子もいるのだとか。
    そうなると、更なる栄養状態の悪化、集中力の低下、そして学習意欲・能力の低下、と続いていくのが容易に想像できる。
    子供の貧困問題は
    「単に進学問題だけに矮小化してはならず、家庭全体の貧困問題の解決でなければならない」
    と言われる理由は、これらの事実が指し示している。
    最近は「経済格差」だけでなく「健康格差」という言葉も使われているが、今後、更なる健康格差の広がりが懸念される。
    子供の歯の状態は、全体的にみると良くなってきているという。
    「8020運動」が進められている中で、その成果は着実に出ているのだろう。
    そんな中ですら「口腔崩壊」が生まれる現状があるのだ。
    我々大人はその事実を強く認識し、根本的な解決には「経済格差の解消」が最も有効であることを改めて認識しなくてはならない。
    格差が開き続けているのは経済だけでなく、健康にも現れているのでだ。
    一方で、貧困だけが「口腔崩壊」を生んでいるわけでもない。
    「不規則な生活をする若者」にも起きやすいと先述したが、それは何も自堕落な生活をつづける若者ということではない。
    ある十代の女性は、高校時代から親元を離れ、飲食店でのアルバイトで週に70時間近く、長いときには1日17時間も働く状態だった。
    歯科を受診した時には舌に苔のようなものが生えた状態だったという。
    これは口腔内で真菌が増殖したことによるもので、疲労やストレス、不規則な生活も口腔状態の悪化を招く原因となっている。
    このように、経済的だけでなく、時間的にも受診する余裕がなくなることも要因の一つとも言われている。
    日本では歯科検診は高校を卒業すると無くなる。
    企業で行っているところもあるそうだが、その数は極めて少ないという。
    日本では一般的に健康診断は広く行われ、補助も給付されているが、こと歯に関してはいわゆる「自己責任」とされている。
    一方、スウェーデンなど北欧では歯に関しても成人までの健診と治療が無料で行われ、予防教育も徹底されるなど口腔内の健康は「国と社会の責任」という考え方が定着しているという。
    北欧で何か事件が起きた時や、消費税が高い実態などを
    「パヨクが理想とする北欧の実態」
    などと揶揄する輩もいるが、健康面での不安や老後の心配せずに生きていける社会は、それだけで本当に価値ある社会ではないだろうか。
    「子供の貧困問題」が社会的に注目される中で、安倍首相としても無視せざるを得ない状況となっており、対策を打ち出そうとはしている。
    しかし、経済格差を「勝ち組、負け組」と、あたかも個人の努力の問題に矮小化しているうちは根本的な解決にはならない。
    「子供の貧困問題」は単に進学費用の問題だけではないからだ。
    日本のように数々の保険があっても実態に見合わず、貯蓄に精を出さなければならないのは、なんとも悲しいことである。
    それでもそれなりに貯蓄できる人はまだ幸せである。
    貯蓄どころか日々の生活を送ることに汲々とせざるを得ない人々がいる。
    国の施策で大企業や金持ちが優遇される中で、経済格差が広がっている以上、国の施策で経済格差を縮ませることは出来るはず。
    「口腔崩壊」の子供たちを無くすためにも本当に経済格差をなくしてほしい。
    心からそう思う。
  • 2018年11月9日

    「酒さ」という疾患は、簡単に言うと中年以降に主に顔面に生じる原因不明の慢性炎症性疾患である。
    この疾患名は、顔面が火照り、赤くなることから酒を飲んだように紅潮するという容貌から付けられたネーミングだと思われる。
    ちなみに、漢方だと「酒さ」の「さ」は左側に検査の査、右側に皮膚の皮、「査皮」という日本では使われていない字か、あるいは「酢」の漢字が当てられている。
    症状は、鼻、眉間、頬、あごなどの顔面を中心にほてり感を伴う潮紅、毛細血管の拡張が見られる段階は第Ⅰ度で、紅斑性酒さと呼ばれる。
    化粧品や石鹸などの軽い刺激でもヒリヒリしたり、灼熱感が生じ、いわゆる敏感肌となる。
    第Ⅱ度になると、赤い丘疹(ボコボコした腫れ)や膿疱(うみ)が多発し、酒さ性ざ瘡と呼ばれる。
    第Ⅲ度では鼻や頬を中心に結合組織の増殖を伴って隆起して腫瘤状を示し、鼻瘤と呼ばれる。
    漢方では「酒さ鼻(しゅさび)」とも呼ばれ、顔面全体の赤みよりも鼻の症状により注目されている。
    鼻の頭が赤くなり、それが徐々に紫黒色を帯びてくるようになると言われている。
    ひどくなると変色が尾翼にまで広がり、皮膚が厚くなり、イボ状の隆起が見られるようになるという。
    そしてさらに重症化してくると鼻がキビのようになり、赤く腫れて痛み、破れて白色の汁を出すのだそうだ。
    古い時代の設定の漫画には、時々鼻が大きく腫れてイボができている悪役などが登場するが、それなのかもしれない。
    現代医学では原因はわからないとされている。
    人によってはもともと何らかの疾患を患っていて、それの治療で副腎皮質ステロイド薬を長期間にわたり使い続けてきた為に副作用で生じた皮膚病と見ている人もいる。
    悪化させる要因としては精神的緊張、紫外線、温熱、寒気、飲酒、香辛料が挙げられている。
    つまり顔を紅潮させるようなあらゆる刺激ということのようだ。
    女性では閉経前後に悪化しやすいとされ、偏頭痛の合併症も多いことから、血管を拡張させたり、収縮させたりする血管運動神経の異常が考えられている。
    治療としては、一応内服薬はあるようだが、完治しにくく経過が長いとされる。
    ステロイドも一時的には効くが、病態を悪化させてしまうので使われないとのこと。
    これは全く個人的な見解だが、「酒さ」という疾患名がそもそも東洋医学で使われているものである以上、東洋医学的病態の捉え方、治療法の方が対処法としては正しいというか、より早期に改善するものと思われる。
    まず漢方では清熱・涼血・散結の方法を用いるとされている。
    清熱とは寒涼の薬物を用いて熱病の治療をする方法のようである。
    涼血も清熱法の一つ。
    散結とは出来物などを散じさせる方法とのこと。
    それぞれ適応する漢方薬を使用する。
    鍼灸的には、これは一も二もなく熱処理に尽きるだろう。
    以前、「酒さ」だったのかどうかは不明であるが、顔の紅潮で悩んでいた女性の治療をしたことがある。
    毎年、夏になると特に症状がひどく、外出し、日に当たると更にひどくなると訴えておられた。
    これはもう単純に熱邪に犯されたものと見て、徹底した熱処理を行った。
    すると確か2回ほどの治療だったと記憶しているが、数年続いていた症状がすっかり良くなったという事例を経験した。
    数年続く症状ではあったが、第Ⅰ度のレベルでとどまっていたために、急激な改善につながったのだと思う。
    ちなみに、「酒さ」にはいくつかの別名があるが、その中に「肺風」とか「肺風粉刺」という呼び名もある。
    さらに「素問」という古書の「熱論」の章では「脾熱病の者は、鼻先ず赤し」との記述もある。
    診療の際には肺経や脾経のチェックなどもしておくと見逃しがないかもしれない。
    結局、「顔の皮膚の炎症」とだけ見ると皮膚上から薬を塗るとか、悪化させないために刺激を避けるといった治療にとどまってしまうが、
    「体の中で熱の処理がうまくいっていない状態」という視点に立ち、東洋医学的観点からの治療を行うと、こちらの方が著効を示すこともあるということ。
    もちろん、現代医学も素晴らしい実績を重ねているし、特に外科の分野などは比べるべくもないほど発展している。
    しかし、鍼灸の臨床経験を積めば積むほどに、人の体の成り立ちは経絡によって支配されているのだということを自分はしみじみと感じる。
    これまでも何度も書いているが、現代医学における内科的治療では、時に漢方薬などの東洋医学が応用されることがある。
    しかし、漢方だけでなく鍼灸治療も加われば、どれだけ治療成績を上げることができることかと思う。
    Drの中には個人的に鍼灸を認める方もおられるかもしれない。
    だが、今のままでは国の医療制度として、今以上に鍼灸が認めることはなかなか難しいだろう。
    日本全国津々浦々で「現代医学でも治らなかった状態が鍼灸で治る」ことが当たり前のように起きてこそ医療関係者の中で認められ、ひいては保険診療も充実し、医療の一翼を堂々と担うことができるようになることだろう。
    そんなことを考えさせられた「酒さ」だった。

所在地

〒020-0886 
岩手県盛岡市若園町10-45

営業時間

平日/9:00~19:00 
土曜・祝日/9:00~17:00

休日

日曜日

TEL

019-622-5544