体のこと、あれこれ

新着記事一覧

  • 2018年1月25日

    以前、スポンジや土などいわゆる食べ物ではないものを食べたがる、いわゆる異食症のケースを紹介したが、今回は「何も食べない人々」についてである。
    世の中には野菜中心の食事を取るベジタリアン(乳製品だけはOKという場合もあるそうな)、純粋に野菜しか取らないビーガン、果物しか取らないフルータリアン、液体食のみを摂取するリキッダリアンなど、実に様々な食事摂取の形態を持つ人々がいる。
    そんな中でも、ブレサリアンと呼ばれる超特異な人たちがいる。
    彼らは食物からのアネルギー供給を必要とせず、呼吸(ブレス)だけで生きているので、ブレサリアンと呼ばれている。
    和訳では気食主義者というそうな(ということは、霞を食べて生きる仙人は実在したのかも?)。
    2010年4月22日からインドである実験が行われた。
    70年前から食べ物も飲み物も摂取していないとされる83歳のプララド・ジャニさんというヨガの聖者を、15日間にわたって医師30名が24時間体制で観察し続けるというものである。
    結果から言うと、その間ジャニさんは一度も飲食せず、トイレにも行かなかったというのだ。
    期間中ジャニさんが液体と接触したのは、うがいと風呂の時のみだったという。
    神経学者のシャハ氏は
    「(ジャニさんが)どのように生き延びているのかわからなかった。何が起きているのか、まだ謎のままだ」
    と驚きを表明した。
    そして、
    「ジャニさんがエネルギーを水や食料から得ていないのであれば周囲からエネルギーを得ているに違いない。エネルギー源が日光である可能性もある」
    と述べたという。
    余談であるが、この実験を行なったのは国防省傘下のインド国防研究開発機構で、研究目的は宇宙飛行士への応用や自然災害で閉じ込められた人々の生き延びる方法への応用への期待の他、兵士が飲食せずに生き延びる方法ということもあったとのこと。
    国が関わるとどうしても軍事目的が絡むようだ。
    やれやれ・・・。
    ちなみに、ジャニさんのような事例は結構確認されているようで、NASAでも研究されているとのこと。
    興味がある方はぜひ下記のサイトを覗いてみてほしい。
    http://matome.naver.jp/odai/2139377953147453501?&page=1
    http://starkingnet.fc2web.com/log05013101.html
    とはいっても、彼らはいきなり何も食べなくなるのではなく、ベジタリアンからフルータリアン、そしてリキッダリアンへと動物性の食物から脱却し、徐々に食べないことに慣らしていくことでブレサリアンにまで到達するという。
    しかも、瞑想に生きるやせ細った体ではなく、重労働も可能で、睡眠時間も半分ぐらいで済むのだとか。
    人並み以上の生命活動を営めるバイタリティの持ち主になるという。
    自分もかなり昔に、そういう人の存在をテレビで見た覚えがある。
    彼らはどうやって生きていくためのエネルギーを得ているのだろうか。
    ブレサリアンが生命活動を維持できる仕組みは大気中の「プラーナ」というものを取り込むのだという。
    プラーナとはサンスクリット語で呼吸とか息吹などを意味する言葉で、日本語では「気息」と訳されることが多いそうだ。
    インド哲学では人間の存在要素の一つである「風」の元素をも意味するという。
    その辺を深く知りたい方は「プラナ療法」で検索してみてほしい。
    まあ、いわゆる大気中の「気」を取り込むことができるようになった人たちと理解すればいいのかもしれない。
    本当にそれが実現できたら、まさに仙人である。
    ただし、上記のサイトで紹介されている人の多くは「太陽の光を食べる」という太陽凝視法を実践している人たちが多いようだ。
    その具体的な実践方法は下記のサイトをご参照いただきたいのだが、基本的には太陽光を凝視することで脳への刺激とし、松果体(脳の一部分の名称)が非常に発達することで食欲が抑えられ、行動もパワーみなぎり、何事にも前向きになるなど人格的な変化も現れ、不食でも生きられるという超人的な身体に変わっていくのだという。
    http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51887038.html
    以前に「耳の光療法」というものをご紹介したが、確かに脳への光刺激は鬱の治療にも取り入れられ、思考が前向きになるなど人格的な変化をもたらすようである。
    また、昔の人の方が、松果体が現代人よりも大きかったそうだが、現代人が失った、いわゆる霊的な能力を持っていたとも言われており、何かその辺にも関係があるのかもしれない。
    パプアニューギニア高地の人はイモ類(糖質)しか食べないのに筋肉質な体型をしているのは、「アンモニア態窒素」をアミノ酸として取り込むことのできる細菌を持っていることでタンパク質を得ていることが明らかになった。
    一日丼一杯の青汁だけで生活しているという森美智代さんは、いわゆるリキッダリアンだが、彼女の腸内細菌の種類や割合は牛などの草食動物に近いのだそうだ。
    食物繊維を分解してアミノ酸を作り出すクロストリジウムという細菌は普通の人には0.1%しかいないが、彼女の腸内には9.8%もいるのだそうだ。
    この種の細菌を合計すると通常人には30%程度いるのが、彼女には60%もいるという。
    また、これまで動物性食品の中にだけ含まれているとされていたビタミンB12が、最近の研究では腸内の常在細菌によって合成されることが明らかになってきた。
    つまり、偏った食事内容でも、あるいは摂取量が少なくても十分に生きていけることは、少なくとも腸内細菌叢が変化することで可能であることが証明できるというわけだ。
    しかし、おそらく自分も含め、多くの人の理解はここまでかも知れない。
    なぜなら、液体だけであろうが、何かを口にするということと、何も口にしないということの間には決定的な違いがあるからだ。
    実際にブレサリアンに変わることに挑戦し結果的に餓死した方もいるらしい。
    きっと、ブレサリアンになるには、次元の違う体の変化が求められるのだろう。
    絶食と断食と不食は、「食べない」という行為は同じでも全く別ものだと言われている。
    絶食は主に医学的に食を断つことが必要であるとか、ダイエットなど美容上の目的で食べないことを意味する。
    断食は宗教上や鍛錬・修業目的で食べないことを意味する。
    いずれも食欲との戦いがある。
    しかし、不食は食欲との戦いがなく食べない行為であるという。
    だからこそ体が食べ物を求めない身体への変化が必要なのだろうし、そこまで変化するには時間がかかるということを理解する必要があるだろう。
    以前、俳優の榎本孝明さんが30日の不食生活を送ったとして話題になった。
    完全不食を実践しているという弁護士・秋山佳胤さんという方もおられる。
    日本でも実践されている方々がおられるようだ。
    人によっては多くの人がブレサリアンになれば世界的な食糧事情も変わり、経済的な変革も起きて、この地球を理想郷にできると考える人もいるようだ。
    しかし、毎日のようにTVで美味しそうな映像を見せられ、常に食欲を刺激され続けている現代。
    果たしてそこまでストイックになれる人間がどこまでいるだろうか。
    どうも自分には無理なチャレンジのようである。
    ブレサリアンのような完全不食はなかなか困難だとしても、アンチエイジングで有名な南雲吉則先生のような一日一食に変われるとしたら、食費も時間も経済的になるだろうし、以前紹介したようなサーチュイン遺伝子の発動で若々しさを取り戻すことができ、ハツラツとした生活を送れるようになるかもしれない。
    さて、あなたはどの段階までいけそうだろうか?
    えっ?
    変える気はない?
    ああ、そうですか・・・。
  • 2018年1月15日

    あなたのお子さん、あるいは周りのお子さんで手足の先が痛がったり、熱いお風呂を嫌がったり、皮膚に小さく赤いぶつぶつが出ている子はいないだろうか?
    そんな症状がみられたらぜひ受診させて頂きたい。
    ライソゾーム病の一種、ファブリー病かもしれない。

     

     

    私たちの体の細胞は、生きていくための成分やエネルギーを毎日生み出す一方で、いらなくなった物質も分解・排出する。

    その分解・排出する細胞の中にある小さな器官がライソゾームである(リソゾームあるいはリソソームとも呼ばれる)。

    このライソゾームの中の酵素の働きが悪くなると本来は分解されるべきだった物質が溜まり続け、細胞の働きを阻害し、様々な症状を引き起こすのである。
    足りない酵素、働きの悪い酵素によって現れる症状が違っており、病名が変わる。

    その数ある中で、今回はファブリー病を紹介したい。

     

     

    ファブリー病は「α-ガラクトシダーゼ」という酵素の働きが悪いために起きる病気である。

    具体的な症状は以下のものがある。

    四肢疼痛
    手足に強く、焼けるような、急激な痛みが生じ、数分から数時間持続する。これは「ファブリー発作」とも呼ばれる特徴的な発作である。毎日起きることもあり、発熱を伴うこともある。
    また、触覚が鈍くなる・痺れる・チクチクするなどの感覚異常が起きることもある。
    これらはストレスや気温・体温の変化、あるいは疲労などで引き起こされる。幼・小児期に出現することが多い。

    聴覚低下
    耳の神経が障害を受け、耳が聞こえにくい、耳鳴りがするなどの症状があらわれる。

    角膜混濁
    角膜に渦巻き状の混濁が現れる。
    幼児期に出現することが多く、一般的には視力に影響はないと言われている。
    他に結膜や網膜の血管の病変、水晶体の混濁などが認められる。

    被角血管腫(ひかくけっかんしゅ)
    胸から膝まで、特にお腹やおしり、陰部に赤いツブツブが出現する。
    小児期より出現するが、これ自体には痛みやかゆみはない。

    低・無汗症
    発汗機能の障害が起き、皮膚が乾燥し、暑くても汗をかきにくくなる。
    汗が出ないので体温調節ができず、真夏には熱がこもり易く、立ちくらみ、便秘、下痢、吐き気などが見られる。いわゆる熱中症を起こしやすい。幼児期より出現する。

    胃腸症状
    食後の腹痛や下痢、吐き気、嘔吐などが現れる(食中毒に間違えそうだが違うもの)。栄養不足になりやすく、体重が減る。
    小児・青年期より出現し、年齢とともに悪化することがある。

    腎機能障害
    尿中にタンパクが出て、腎不全に至ることもある。重篤な臓器障害である。時に透析や腎移植が必要になる場合もある。
    思春期・青年期以降に出現することが多い。

    心臓機能障害
    心肥大、心筋梗塞、弁膜異常、不整脈などが現れる。これも重篤な臓器障害。
    青年期以降に現れる。

    脳血管障害
    脳梗塞、脳出血を起こし、記憶障害や運動麻痺をきたす場合がある。
    中年期以降に出現することが多い。

    精神障害
    病気のストレスからうつ症状などが見られることがある。

     

     

    たった一つの酵素の働きが悪くなるだけで、これほど多彩な症状が現れるのである。

    いつも言うことだが、私たちは本当に何事もなく生きられることの奇跡、有り難さというものを噛み締めなければならないと思う。
    ファブリー病は基本的に遺伝子疾患である。
    X染色体という性染色体にその酵素を作る遺伝子があるので、そこに問題があると病気になるのである。
    もしお父さんのXY遺伝子のXにその変化があれば息子には遺伝しないが、娘には確実に遺伝する。
    お母さんのXX遺伝子のどちらかにその変化があるとすれば、娘にも息子にも遺伝する可能性はあり、その確率は50%ということである。

    基本的に遺伝子疾患ではあるが、両親からの遺伝子を受けたのではなく、突然変異を起こすケースもあるということである。

     

     

     

     

    2013年の福岡大学・熊本大学の研究では有病率は7000人に1人であるという。

    単純計算すると、この盛岡市内だけでも数十人の患者さんがおられるということになる。
    思いのほか多い。
    診断の際には家族や親戚の中で若い頃に腎不全や心不全、脳梗塞がなった方がいるかどうかも参考の一つになるとのこと。
    つまり、心不全や脳梗塞を起こした根本的な原因が「ファブリー病」であり、「ファブリー病」という診断を受けていなくとも潜在的にいるということなのだろう。
    確かに上記の症状を見ても、幼少期で見られる症状は比較的特徴があるが、青年期以降の症状は軽度であれば見過ごされる可能性も高いものばかりである。
    それが診断の難しさにつながっていることのようである。

    治療としては不足している「α-ガラクトシダーゼ」という酵素を補充する「酵素補充療法」が行われ、それによって病気の進行を抑えることが出来るという。

    また、各症状に対し、それぞれ対症療法が行われる。
    初期には軽度でも、酵素が補充されない限り病気は確実に進行してしまうので、鍵は正しい診断が受けられるかどうかということになるようだ。

    特に幼少期に正確な診断を受けることがその後の人生をかえることになるので、幼少期の症状には本当に注意してあげていただきたいと思う。

所在地

〒020-0886 
岩手県盛岡市若園町10-45

営業時間

平日/9:00~19:00 
土曜・祝日/9:00~17:00

休日

日曜日

TEL

019-622-5544