体のこと、あれこれ

新着記事一覧

  • 2019年1月30日

    トレパネーション。
    日本語訳では「穿頭(せんとう)」という。
    頭皮を切開し、頭蓋骨に穴を開ける療法で、古来、神秘主義に基づいて行われ、開けた頭蓋骨の穴はふさがずに、頭皮だけは縫合される。
    その歴史は古く、石器時代にまでさかのぼり、割礼と並び、人類最古の手術の一つと言われているとか。
    フランスでは紀元前5000年頃の頭蓋穿孔手術を受けた頭蓋骨が発見され、ヒポクラテスの著書にも書かれているなど、本当に古くからおこなわれてきたようである。
    しかし、目的は現代医学に通じるようなものではなく、病気を患った患者の頭から悪い鬼を追い出すために行われていたという。
    現在、頭蓋穿孔を受けた者は
    「とにかく幸福で、エネルギッシュで、倦怠感を感じるようなことは無くなります。意識はスッキリと明瞭になり、大人になってから感じるようになった倦怠といった重荷をおろしてスッキリと軽くなりました。簡単にいえばまるで子供の時に戻ったような気分です。」
    と述べている。
    なぜこのような変化が生まれるのだろうか。
    トレパネーション普及を提唱するオランダのバート・ヒュージ氏はその理由として
    「脳内血流量の変化である」
    と言っている。
    乳児は頭蓋骨が完全には塞がっておらず泉門と呼ばれる隙間があるが、その存在によって血流量が大きく保たれているとし、それと同じような状態になるというのである。
    バート氏の弟子で、自身もトレパネーションを行ったピート・ハルヴォーソン氏は
    「トレパネーションを行うことで、思うままに脳の中を活発化させることができるようになります。高度の意識に目覚め、楽観的で、情熱的な人間になるでしょう。これまで悩んでいたような些細な問題なんかは楽しみにさえ思えるようになります。一生を通して最高の気分が持続するわけです。」
    と絶賛している。
    それまでの20年間うつ病に苦しみ、様々な治療を行ってきても治らなかった氏だからこそ余計にその変化が偉大なものであり、大きな幸せを感じているようである。
    一方、脳外科の専門家らは一様に否定的な見解である。
    これまで脳疾患の治療のために頭蓋骨の両側に穴をあけて頭蓋骨内の圧力を軽減するという方法も行われてきたという。
    しかし、結果的にそうした方法はすべて失敗に終わり、今では破棄された方法であるという。
    ただ、現在でも頭蓋骨の一部が、一時的に取り除かれる手術は行われることはある。
    脳卒中や頭蓋損傷などで脳に炎症が起き、そのままでは脳の腫れ自体が脳組織の損傷を起こしうる場合には、除圧を目的として一時的に頭蓋骨の一部が取り除かれる。
    もちろん、脳の腫れが引けば頭蓋骨は戻されることになる。
    また、近年、こんな研究結果も報告されている。
    米テュレーン大学の形質人類学者のジョン・ベラーノ氏は14~15世紀のペルー、すなわちインカ帝国ではかなり穿頭術が行われていたが、その穿頭術跡が残る頭蓋骨を調べ上げ、手術後の生存率が非常に高かったと報告しているのである。
    ヨーロッパなどほかの地域で槍や刀などの武器が使用されていたのに対し、インカでは棍棒など打撃による武器が使用されていたため頭蓋損傷の率が高く、それへの対処から穿頭術が古くから行われるようになったという。
    どうやら穿頭し、砕けた骨片を取り出していたようだ。
    ベラーノ氏の研究では術後の生存率は70%にも上っていたという。
    これは現在の医学にも通ずる脳の炎症による浮腫に対する除圧になっていたのかもしれない。
    とすると、インカで行われていたトレパネーションは神秘主義的な意味合いというより、経験に則った外科手術だったということになるのではないだろうか。
    また、トレパネーションで穿孔する場所はツボでいうと印堂という、いわゆる「第三の目」と呼ばれている額中央なので、もしかしたらその場所にこそ意味があるのかも、という疑念も残る。
    実際、チベット仏教では高僧にやはり第三の目と言われる額中央に穿孔する処置が行われていたとの記述が散見されるのである。
    このトレパネーションを取り上げてみて気づいたが、数年前までトレパネーションを行った男が主人公の「ホムンクルス」という漫画が連載されていたこともあり、トレパネーションに感心が高まっていたようで、それを取り上げたサイトが数多くあった。
    しかし、トレパネーションを実際に行った例は乏しい。
    脳の専門家には「意味がないこと」として認知されているので、実験的であっても行われることもなく、基本的に科学的に検証することはほとんど不可能である。
    法的にも明確な理由があっての施術でなければ認められないので、数少ない経験者がいくら「良いものだ」と言っても、事実上普及もされていない。
    だが、どの世界でも型破りな人物はおり、南米にトレパネーションを引き受けても良いという医者が出てきたそうで、アメリカのトレパネーション信奉者らはこぞって施術を受けることにしているらしい。
    そのうち、どこかのTVで、施術を受けた人たちのことを取り上げる番組も出てくるかもしれない。
    個人的には、骨の一部がないということはその部分に何らかの衝撃が加わった際、脳への直接的な打撃が加えられるリスクがあるので、やはりやるべきではないと思う。
    しかし、現段階ではまだトレパネーション自体の効能を完全に否定はできないとも思っている。
    その理由は、現在脳科学の分野では、「脳は直接光を感じ取ることができる」ことが確認されているからである。
    以前に「光療法」を取り上げたことがあるが、北欧のような冬の日照時間が少ないところでよく発症する「季節性のうつ病」は耳に光を当てるだけで改善するという。
    耳の奥に届く光を、皮膚を通して脳が感知し、いわば日照時間の補足のような役割を果たすようである。
    ならば、トレパネーションでも皮膚を通して光が脳へ届くようになれば、うつ病の症状とは真逆の「至福感、高揚感にあふれるようになる」などの精神的な変化をもたらす可能性はありうるのではないだろうか。
    また、トレパネーションで穿孔する場所はツボでいうと印堂という、いわゆる「第三の目」と呼ばれている額中央なので、もしかしたらその場所にこそ意味があるのかも、という疑念も残る。
    実際、チベット仏教では高僧にやはり第三の目と言われる額中央に穿孔する処置が行われていたとの記述が散見されるのである。
    以前、脳の疾患のために側頭部に穴があけられていた時に脳の疾患の改善は見られなかったかもしれないが、
    どのような疾患については無意味だったのか、
    精神的な変化はどうだったのか、
    脳の疾患のない普通の人が行った場合にも何ら変化はないのか、
    穴を開ける場所が側頭部ではなく額中央であったならどうだったのか、
    それらの違いについては何ら言及されていないし、おそらく検証もされていないだろう。
    そこまで検証が進み、全否定されるのであればトレパネーションは「単なる思い込み」と判断できるだろう。
    科学的検証とは、再現性があってこそ認められる世界であるから、南米にトレパネーションを引き受ける医者が出てきたとしても、医学界全体でその検証が行われない限り、両者の主張は平行線をたどるのみである。
    もし、トレパネーションの意味がボート氏の言うような頭蓋骨の一部を開放することによって圧力を逃がして脳血流量の増加を期待するものではなく、
    光が脳へ届くことに意味があるのだとしたら、空いた穴を透明の強化プラスチックなどで塞げば脳が直接的に打撃を受けるリスクは無くなるかもしれない。
    そんな事を考えるのだが、トレパネーション自体が意味のあることと認められなければ、それは単なる夢想でしかない・・・。
    あなたはトレパネーションを信じますか?
    そして、やってみたいと思いますか?
  • 2019年1月14日

    私たちの身体には抗原となる異物が入ってくると、その異物を排除して体を防衛する免疫反応が備わっている。
    しかし、その異物の侵入が繰り返されると、抗体が体内に増えすぎ、一定量を超えると過剰に免疫反応を起こすことがある。
    それがいわゆるアレルギー反応である。
    そのアレルギー反応を起こす細胞の一つがマスト細胞である。
    マスト細胞は血管が通っている組織であればほぼすべての組織で見出すことができるので、逆にどこのマスト細胞が働くかで現れる症状が多様となる。
    特徴的なのは皮膚上にみられる蕁麻疹、呼吸器系統でみられる喘息発作やくしゃみ、鼻水であろうか。
    そのマスト細胞がさらに過剰に働きすぎるとか、正常な働き方をしなくなるのがマスト細胞活性化症候群(以下MCAS)である。
    実は、この疾患の存在に気が付いたのは「人間アレルギー」を調べているときだった。
    当初は精神医学的な意味での人間アレルギーを調べていたのだが、実際に免疫反応として人との接触が困難になるケースがあることを知った。
    彼女は米ミネソタ州に住むジョアンナ、29歳である。
    彼女はもともと少しアレルギー体質だったが、至って健康で教師として働く普通の女性だった。
    同僚のスコット・ワトキンスと恋に落ち、2013年めでたくゴールインした。
    しかし、結婚後ジョアンナのアレルギー症状は徐々に悪化していき、多くの食べ物に反応するようになっていった。
    スコットは彼女が食べられる料理を作るなど懸命に支えていたが、ジョアンナの症状はひどくなる一方で、ついには人にまで反応し始め、なんと両親にまで反応し始めるようになってしまったのである。
    そして、2016年のある日、最も恐れていた事態になってしまった。
    最愛の夫スコットにまで反応するようになってしまい、顔を近づけるだけで咳き込むようになり、最終的には同じ部屋にいるだけで息苦しくなるようになってしまったのである。
    (2016年の時点では唯一アレルギー反応を起こさない実の兄と妹だけが部屋の入室が許されている)
    彼女のような重症なMCASについてもう少し詳しく見てみよう。
    MCASのほとんどの患者は女性なのだそうだ。
    後天性の病で、特定の人にどうして発症するのかは解明されていないという。
    欧米では1~15%の罹患率で、ありふれた病気であるとの記述も見られるが、その割に日本語で取り上げられているサイトは案外少ない。
    日本ではまだ一般的ではないようだ。
    アレルギー反応でよくみられる症状は蕁麻疹、喘息、鼻水であると上記したが、MCASの多くは蕁麻疹の症状がみられず、以下のような症状を呈するという。
    普通のアレルギー疾患と症状を異にするのが、マスト細胞が正常の働き方をしないということなのだろうか。
    〇胃腸系症状(吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、腹張り、栄養吸収障害)
    〇低血圧
    〇疲労
    〇喘鳴
    〇失神、めまい
    〇骨痛
    〇認知障害
    〇不安
    〇急激な体重増加、あるいは体重減少
    〇アナフィラキシー
    〇胸部痛、または心拍増加
    〇太陽光への過敏
    そして、そのアレルギー症状を引き起こす因子も、食べ物・飲み物はもとより、鎮痛剤、虫刺され、極度の高・低温、運動、香水・化学物質などの強いにおい、皮膚に対する摩擦・圧力・振動、感情的・身体的ストレスなど多岐にわたる。
    ジョアンナの場合は何が引き金となってスコットにも反応するようになったのだろう。
    臭いだろうか。
    化学物質過敏症という病気があるが、あれは臭いとして感知しなくとも、物質そのものに反応するので、ジョアンナの場合も、通常では分からないほどの体臭であっても、身体から発せられる臭い物質に反応しているのかもしれない。
    MCASは研究が始まってまだ10年ほどしかたっていないらしく、線維筋痛症、過敏性腸症候群、慢性疲労症候群など他の疾患と診断されることもあるという。
    彼女ほどの重症なケースでは流通している薬剤では治療ができず、また、もし妊娠したとしても流産する可能性が高いとも言われている。
    二人の生活は苦難の連続である。
    スコットとは数分と同じ部屋に居られないため、別の部屋でビデオ通話をしながら同じテレビを見たりする。
    化学物質やホコリ、ちょっとした微粒子にも反応してしまうため、居室はビニールやシートで覆われ、風邪や空気の流れが起きないようにされている。
    空気清浄機だけが頼りとなり、太陽光にも気を付けているとのこと。
    二人の生活は過酷で、抱きしめ合うこともできないが、決してあきらめることなく、必ず治ることを信じて前向きに暮らしている。
    余談だが、ジョアンナが人に対してアレルギー反応を示すように、人間アレルギーをもつ猫や犬もいるようだ。
    何でも、人間のフケに反応するのだとか。
    ラブラドールのアダムは自己免疫不全という病気で人間のフケにも反応するようになったという。
    よく、ペットとの過剰な接触をいさめる意見などがあるが、ペット側からすると、「こっちだって注意が必要なんだ!」と怒られるかもしれない。
    しかし、本来は我が身を守るはずのシステムが自分を苦しめてしまうとは、アレルギー疾患とは本当になんとも厄介な病気であることか・・・。

所在地

〒020-0886 
岩手県盛岡市若園町10-45

営業時間

平日/9:00~19:00 
土曜・祝日/9:00~17:00

休日

日曜日

TEL

019-622-5544